【まずは日本語で基礎固め】形容詞と副詞の見分け方




言語を学習するときに最も基礎となるのが名詞・動詞・形容詞・副詞などの品詞です。

しかし、この中で形容詞と副詞に関しては混同している人が多いように見受けられます。

今回は英語の品詞を見極める過程として、日本語で日本語の品詞を見分ける方法を学習します。

実力テスト

初めに形容詞と副詞がこんがらがってないかテストします。

日本語で形容詞・副詞を当ててみましょう

完璧な[ ] / 穏やかに[ ] / ひどく[ ]/ 強い[ ] / 静かな[ ] / 遅い[ ]/ 完璧に[ ] /厳しい[ ] / 大胆な[ ] / 強く[ ]

ヒント:形容詞は名詞を修飾し、副詞は動詞を修飾します

形容詞

形容詞は名詞を修飾します。修飾とは情報を追加することです。

よって形容詞の後に名詞を並べたとき、名詞に情報が追加されており、しっくりくるかが見分け方になります。

⭕ ひどい 物語 (しっくりくる)

❌ ひどく 物語(情報は加わっているがひどくは副詞なのでしっくりこない)

形容詞の例

完璧な(perfect) / 自然の(natural)/ 強い(strong)/ 全世界の(global)/ 静かな(quiet)/ 遅い(slow)/ 厳しい(strict)/ 大胆な(bold)/ 勇敢な(brave)/ 穏やかな(calm)/ ひどい(terrible)/ 形式的な(formal)/ 定期的な(regular)

副詞

副詞は動詞に情報を与えます。

よって副詞の後に動詞を並べたときに、動詞に情報が追加されており、しっくりきているかが見分け方になります。

⭕ 静かに 歩く(しっくりくる)

❌ 静かな 歩く(情報は加わっているが静かな形容詞なのでしっくりこない)

副詞の例

完璧に(perfectly)/ 自然に(naturally) / 強く(strongly) / 全世界に(globally)/ 静かに(Iquietly)/ 遅く(slowly) / 厳しく(strictly)/ 大胆に(boldly)/ 勇敢に(bravely)/ 穏やかに(calmly)/ ひどく(terribly)/ 形式的に(formally)/ 定期的に(regularly)

実力テスト答え

日本語なので見分け方さえ掴めば何も難しくありませんよね。

完璧な[形] / 穏やかに[副]/ ひどく[副]/ 強い[形] / 静かな[形] / 遅い[形]/ 完璧に[副] /厳しい[形] / 大胆な[形] / 強く[副]

日本語で品詞が区別できるようになると、英語の応用は簡単です。

下記の記事も一読しておいてください。

品詞を知れば英語が近づく!形容詞を極める編

2018年6月3日

品詞を知れば英語が近づく!副詞を極める編

2018年6月9日

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。