【いく?くる?いる?】存在を表すbe動詞の使い方




2時までにあなたのオフィスに行きます。

を伝えようとして

I’ll go to your office by 2:00.

と訳してませんか?

google翻訳でもこう翻訳されますが、この英語、かなり不自然なのです。

行く≠goのケース

「2時までにあなたのオフィスに行きます」

この文での行くは「移動する」ではなく、到着するあるいは居るという意図であることを確認してください。

 

ところが英語のgo移動を表す動詞なので、

I’ll go to your office by 2:00.

(私は2時までにあなたのオフィスへ向け移動します。)

となり、元々の意図とは馴染まないのです。

 

では、英語らしい表現はどうすればよいのでしょうか。

存在を表すBe動詞を使用します。

I’ll be at your office by 2:00.

(私は2時までにあなたのオフィスにいるでしょう。)

来る≠comeのケース

同様に英語のcomeも移動を表す動詞なので、

注文していた名刺を受け取りに来ました。

を伝えようとして、

🔺 I came here to pick up the name cards I ordered.

とするのは不自然です。

これもBe動詞を使うと英語らしい表現になります。

⭕ I’m here to pick up the name cards I ordered.

 

他にも例文をあげるので、be動詞を使用する感覚を掴んで下さい。

例文

私は1時までにその工場に行かなければなりません。

I have to be at the factory by 1:00.

例文2

1時までにその工場に行ってください。

Please be at the factory by 1:00.

例文3

私はできるだけ早く戻ってきます。

I’ll be back here as soon as possible.

例文4

できるだけ早く戻ってきてください。

Please be back here as soon as possible.

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。