【言語の文化的背景】美しい自然という表現




訳そうとしても言語同士の文化的背景の違いで表現がなかったり、変わったりすることはよくあります。

今回はその中から日常的に交わされそうな表現の一つを紹介します。

 

鎌倉は美しい自然につつまれている。

を英訳して下さい。

Kamakura is surrounded by beautiful nature.

この英文、我々にとっては自然な表現ですよね。

しかし、ネイティブにとってはとても不自然なのだそうです。

美しい自然という観念

なぜなら英語では[名詞]nature(自然)を、美しい、美しくない、あるいは多い、少ないという感覚でとらえる発想がないからです。

ネイティブにとっての自然な表現は

Kamakura is surrounded by nature.

鎌倉は自然につつまれている。

です。

また[形容詞]natural(自然の)を使用して、natural beauty(自然の美しさ)や、natural place(自然な場所)を表現することはできます。

Japan has a lot of nature.

日本には豊富な自然がある。

これは英語的には不自然です。

自然な英語は、

Japan has a lot of natural places.

日本には多くの自然な場所がある。

です。

美しい自然、豊富な自然、どちらも私たちが日常的に使う表現です。

自然な使いこなしをしていきましょう。

by 各務 乙彦

 


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。