無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(2月19日)

風邪にまつわる英語表現




風邪の季節がやってきています。

具合が悪そうですね。どうしたのです?
風邪を引いてしまったのです。

こんな会話もよく聞きますよね。

でも英語で「風邪を引く」ってどう表現するかご存知ですか?

今回はいくつか風邪にまつわる英語の表現方法をイメージと共に学びます。

have a cold

まずはじめはhaveを用いて状態を表す表現です。

I have a cold today.

私は今日 風邪だ。

I had a cold when the conference was held last week.

私は先週その会議が行われた時に風邪だった。

また、よく聞く間違いが、

❌ I’m a cold.

私は風邪(菌)です。

です。使わないように気をつけてください。

catch a cold

風邪を引くはcatchを用います。

I caught a cold yesterday.

私は昨日風邪を引いた。

でも、風邪を引いた瞬間はハッキリしませんよね。

その場合は現在までのどこかで風邪を引いた状態になったということで、現在完了形(have+過去分詞)を使用して表現します。

I’ve caught a cold.

私は風邪を引いている。

風邪を引くはこの現在完了のパターンがもっとも自然に使われるのでぜひ覚えてください。

現在完了形のイメージの持ち方

正確には完了形で使用する際のhaveは一般動詞ではなく助動詞ですが、このようにイメージするとシンプルに理解できるのではないでしょうか。

get a cold

他にもgetを使った表現もできます。 

I’ve got a cold.

私は風邪を引いている。

ここで「現在完了形なのになぜgot?」と気づいた方は鋭いです。

日本の学校ではgetは不規則変化でgot(過去形)gotten(過去分詞)と習います。

しかし、欧米とくに英国ではgottenは古典的な表現とされ、gotが過去分詞として使われるようになっています。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。