品詞を知れば英語が近づく!名詞を極める編




英語を学ぶときに品詞を理解している、していないで、単語の定着度合いや、会話などの実用面で大きな差がでます。

このシリーズで品詞を極めて、今後の効率的な英語学習に役立ててください。

ちなみに、ここで言う品詞とは、名詞動詞形容詞副詞の4つです。

 

今回のポイント

まず、各品詞を学ぶ前に語・句・節を理解します。

:単語が1つの品詞として働くもの

:主語+動詞の形式を持たない2語以上のまとまりで、それが全体で1つの品詞として働くもの

:主語+動詞の形式を持つ2語以上のまとまりで、それが全体で1つの品詞として働くもの

品詞と聞くとを思い浮かべますが、も品詞であることを認識してください。

名詞編

名詞とは→事物の名称を表す

名詞の種類

名詞の種類は6種類

①名詞:語:(例) man「男」

②代名詞:語:(例) he「彼」

③動名詞:または:(例)swimming「泳ぐこと」

④不定詞の名詞的用法: :(例)to study English「英語を勉強すること」

⑤疑問詞+不定詞: :(例)what to do「何をすべきかということ」

⑥名詞節: :(例)that he bought the car「彼がその車を買ったということ」

名詞がおける場所

名詞は文の主語(S)目的語(O)補語(C)に置くことができます。

実際に6種類の名詞をそれぞれの場所に入れた例文を見ていきましょう。

主語(S)に6種の名詞をおく

①名詞をSにおく

The man is Tom.「その男はトムです」

②代名詞をSにおく

He is Tom.「はトムです」

③動名詞をSにおく

Swimming is my hobby.「泳ぐことは私の趣味です」

④不定詞の名詞的用法をSにおく

To study English is important.「英語を勉強することは大切です」

仮主語使用:It is important to study English.

⑤疑問詞+不定詞をSにおく

What to do is my question.「何をするべきかということが私の疑問です」

⑥名詞節をSにおく

That he bought the car is surprising「彼がその車を買ったということは驚くべきことです」

仮主語使用:It is surprising that he bought the car.

 

同様にOCに入れた場合を見ていきます。

目的語(O)に6種の名詞をおく

①I know the man.「私はその男を知っている」

②I know him.「私はを知っている」

③I like swimming.「私は泳ぐことが好きだ」

④I want to study English.「私は英語を勉強したい」

⑤I know what to do.「私は何をすべきか知っている」

⑥I know that he bought the car.「私は彼がその車を買ったということを知っている」

補語(C)に6種の名詞をおく

①Tom is the man.「トムはその男です」

②Tom is he.「トムはです」

③My hobby is swimming.「私の趣味は泳ぐことです」

④The important thing is to study English.「大切なことは英語を勉強することです」

⑤My question is what to do.「私の疑問は何をするべきかということです」

⑥The fact is that he bought the car.「事実は彼がその車を買ったということです」

名詞は文の主役とも言われています。ぜひ使いこなしてください。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。