「大坂なおみの国籍選択」からwarn A to doを学ぶ




Game, set, match: Naomi Osaka is congratulated by her mother, Tamaki, after her win at the U.S. Open on Sept. 8. | KYODO

大坂なおみはアメリカと日本の二重国籍者ですが、22歳までに国籍の選択をしなければなりません。

彼女の偉大な功績はアメリカ、ハイチ、ドイツ等多様な文化を背景に持つ「グローバルチーム」のサポートでより強く育まれてきました。

彼女のアイデンティティは明らかにアメリカ寄りですが、日本人としてのルーツを選択する可能性が強いとも漏れ伝えられています。

彼女が今年どんな意思決定をするのか、興味深いことですね。

そんな今週の記事、

Let’s discuss Naomi Osaka’s nationality.

大坂なおみの国籍を話し合おう

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

warn A to do B

ABすることを警告する

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

While the Justice Ministry officially has the right to warn dual nationals to choose one, it has never done so, and the Foreign Ministry has said it does not track dual nationals.

法務省は2重国籍者に一つを選択することを警告する権利を表向きは持っている一方で、同省は一度もそうしたことがない、そして外務省は同省が2重国籍者を追跡しないと語った。

officially公式に/表向きは

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

After several incidents with product safety, the management warned the quality control division to test new products more thoroughly.

製品の安全に関わるいくつかの事故の後、経営陣は品質管理部門により徹底的に新製品をテストするように警告した。

 

今週のフレーズ

warn A to do B

ABすることを警告する

 

出典:The Japan Times Oct. 1, 2018   SARAH SUK, STAFF WRITER

Let’s discuss Naomi Osaka’s nationality.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


なぜ日本人は英語が苦手かご存知ですか?

それは「英語を獲得するスキル」を持っていないから。
「英語を獲得するスキル」とは何なのか?どうすれば手に入るのか?
ここにあなたの壁を破るヒントがあります。