無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(10月14日)

【移動の前置詞】toとforの使い分け




img_cad826fa500168bb3ce0c8242427a0ae191362

東京駅に停まっている電車に「大阪行き」を表示するには

A.To Osaka

B.For Osaka

どちらが正しいでしょうか?

 

 

“to”と“for”は共に地点の移動で使われる前置詞ですが、ニュアンスに違いがあります。

“to” →到着点に視点

到着点

Tom went “to” Osaka.「トムは大阪に行った。」

went(go)は到着点に重きがある動詞なので、前置詞は“to”を使用し、おそらくトムはもう大阪に着いています。

 

 

“for”→出発点に視点

出発点

 

Tom left “for” Osaka.「トムは大阪に向かった。」

“leave”は出発点に重きがある動詞なので、前置詞は“for”を使用し、おそらくトムはまだ大阪に着いていません。

 

 

次に誰かにプレゼントをあげる場合を考えてみましょう。

This is a present “to” you.

と言ったら、相手はちょっと困惑するかもしれません。

なぜなら、誰からの何のためのプレゼントなのかハッキリしないからです。

 

でも、

This is a present “for” you.

だと、このプレゼントは今渡している人から発していて、その人の気持ちが込められていることがわかります。

“for”が“(誰々の)ために”という意味に発展するのもこのためです。

 

これで、東京駅に停まっている電車に付いている「大阪行き」は

A.To Osaka

B.For Osaka

どちらで表示すれば正しいかが分かったと思います。

 

 

そう、視点は出発点にありますからBのFor Osakaが正解です。

 

by 各務 乙彦

グローバルスクエアのウェブサイトにもどる


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。

コメントを残す