無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(11月17日)

【next week?the next week?】来週の英語表現




「来週」を英語にすると next week ですね。よく知られた単語だと思います。

でも「今」を起点としての来週ならわかりやすいのですが、起点が「過去」や「未来」になった時どのように表現すればよいかご存知ですか?

今回は起点ごとの「来週」表現を学びます。

次の3つの文を見てください。

それぞれの文が持つニュアンスの違いってわかりますか?

1.We’ll have a meeting next week.

2.We had a meeting the next week.

3.We’ll have a meeting the next week.

①起点が「今」

1.We’ll have a meeting next week.

は起点が「今」の時に使われます。

「私たちは来週ミーティングを行います」という訳になります。

例えば今日が1月1日(日)だとしたら「来週」は1月8日から14日を指します。

②起点が「過去」

1月1日に、例えば過去の12月1日のイベントについて話をしているときになどに、

2.We had a meeting the next week.

と言ったら

「私たちはその(イベントの)次の週にミーティングを行いました」という意味になります。

つまり12月8日から14日の間のどこかでミーティングを行ったことになります。

③起点が「未来」

1月1日に、例えば未来の2月1日のイベントについて話をしているときなどに、

3.We’ll have a meeting the next week.

と言ったら

「私たちはその(イベントの)次の週にミーティングを行います」という意味になります。

つまり2月8日から14日の間にミーティングを行うことになります。

まとめ

起点が「今」のときの「来週」は next week

起点が「過去」または「未来」のときの「来週」はthe next week

特に、起点が「今」と「未来」の違いは冠詞だけになるので気を付けてくださいね。

1.We’ll have a meeting next week.

3.We’ll have a meeting the next week.


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。