無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(10月14日)

【基礎から着実に理解する】名詞節入門 ③ 疑問詞編




いよいよ名詞節入門の最終話になりました。最後は「疑問詞に導かれる名詞節」を学びます。

最初におさらいから入ります。

(せつ)とはS(主語)+V(動詞)の形式を持つ2語以上のまとまりで、それが1つのカタマリとして品詞のはたらきをします。

疑問詞とはwho(誰), what(何)などの疑問代名詞と、when(いつ), where(どこ), why(なぜ)などの疑問副詞を指します。

今回の講義で

「問題は彼がいつ日本を出国したかということだ」

みたいな刑事ドラマで出てきそうなセリフが簡単に作れるようになります。

それでは疑問詞がSVO文を導いて名詞節になる様子を見てみましょう。

疑問詞+S+V(+α)の名詞節

(原文)彼はその車を買った

ちなみに疑問詞を使った疑問文は

When did he buy the car?

彼はいつその車を買ったのですか?

で、名詞節とは違います。

名詞節として使う場合は疑問詞以下が平叙文にならないといけないので、混同しないようにして下さい。

名詞節は文中のO(目的語)C(補語)S(主語)に使用できます。

それでは名詞節 when he bought the car をそれぞれの場所で使ってみましょう。

名詞節をO(目的語)として使用する

I know when he bought the car.

私は彼がいつその車を買ったのか知っています。

名詞節をC(補語)として使用する

My question is when he bought the car.

私の疑問は彼がいつその車を買ったのかです。

 

名詞節をS(主語)として使用する

When he bought the car is my question.

彼がいつその車を買ったのかが私の疑問です。

それでは最終テストです。

「問題は彼がいつ日本を出国したかということだ」を英訳してみましょう。

「彼は日本を出国した」He left Japan.です

 

 

 

The question is when he left Japan.

 

このシリーズを読んできた読者のかたであれば問題ありませんよね。

名詞節が活用できれば、より詳細な表現ができ、コミュニケーションの情報量が上がります。

今後も積極的に活用してあなたの英語を洗練させましょう!


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。