【あなたの英語を一段上げる】名詞「節」入門② whether編




 

みなさまが苦手な名詞節を使いこなすための第2弾です。

とはS(主語)+V(動詞)を含む2語以上のまとまりで、それが1つのカタマリとして品詞のはたらきをするものでしたよね。

今回は3種類ある名詞節の中から。

① that +S(主語)+V(動詞)(+α)「~ということ」

② whether +SV(+α)(+ or not)「~かどうかということ」

*(or not)はしばしば省略されます

③ 疑問詞+SV(+α)

②の whetherに導かれる名詞節の作り方を取り上げます。

今回の講座で

「問題は彼にやる気があるかどうかだ」みたいな文章が簡単に作れるようになりますよ。

whether +S+V(+α)(+ or not)の名詞節

それではSVO文がwhetherに導かれてひとカタマリの名詞になる様子をみてみましょう。

(原文)彼はその車を買った。

(名詞節)彼がその車を買ったかどうか

名詞節はO(目的語)C(補語)S(主語)に使用できます。

上で作った名詞節「whether he bought the car」をそれぞれに使用してみましょう。

名詞節をO(目的語)として使用する

I don’t know whether he bought the car.

私は彼がその車を買ったかどうか知りません。

名詞節をC(補語)として使用する

My question is whether he bought the car.

私の疑問は彼がその車を買ったかどうかです。

名詞節をS(主語)として使用する

Whether he bought the car is my question.

彼がその車を買ったかどうかが私の疑問です。

 

 

ちなみに「問題は彼にやる気があるかどうかだ」は

The question is whether he has motivation.

名詞節の働きは単語と同じです。この感覚がつかめたら長ったらしく感じていた文章も短く感じられますよ。

by 各務 乙彦

 

この記事が気に入ったらクリックをお願いいたします!


英会話ランキング

1クリックで筆者のやる気がみなぎります!

 


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。