【似ているけど用法は違う】likeとalikeの使い分け




会話で「似ている」という表現は頻出します。

日本語での「似ている」は1語で表せますが、英語では表現が分化しているので用法には注意が必要です。

今回は品詞に注意しながら「like」「alike」の使い分けを、例文を使って学んでいきます。

 

likeの用法

「AはBに似ている」と言う場合、前置詞likeを使います。

例文

見た目やそれ以外が似ている

彼は(見た目や性格など)彼は父親に似ている。

He is like his father.

あなたの声は電話だとあなたの上司にとても似ている。

Your voice is just like your boss’s through a telephone.

見た目が似ている

彼は(見た目)父親に似ている。

He looks like his father.

彼は(見た目)父親にとても似ている。

He looks just like his father.

彼女は(見た目)お父さんよりもお母さんに似ている。

She looks more like her mother than her father.

 

alikeの用法

それに対して、「AとBはお互いに似ている」と言いたい場合は形容詞alikeを使います。

alikeの主語は常に複数形であることに注意してください。

例文

私の2人の息子はとても似ている。

My two sons are very much alike.

その2人の少女は見た目は似ているけど性格は似ていない。

The two girls are alike in looks but not in personality.

「彼女と彼女の犬は似ている」と言いたい場合は

⭕ She and her dog are alike.

とします。

She is alike her dog.

とはできません。これはよく見る間違いですので注意してください。

 

たかが「似ている」されど「似ている」。

細かいことですが、こういった使い分けが把握できると、より英語が洗練されますよ。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。