現在、無料体験レッスンはオンライン受講のみ受け付けております

【豆知識】grocery storeってどんな店?




洋画の中などでネイティブたちがgrocery storeという表現を使うことがあります。

grocery storeって何でしょう?

辞書を引くと、groceryは複数形groceriesで用いて「食料品」の意味になり、grocery storeとは「食料品を売る店」のことを指します。

また、「食料雑貨店」「乾物屋」などと書いてある辞書もあります。

こう聞くと日本では個人商店や小型食料品店など含め大小様々な形態のお店を思い浮かべることができます。

例えば、八百屋さんとか、、

パン屋さん、

また街角には、昔ながらのこんなお店も残っているかもしれません。

こういった店は、食料を扱っていますが、はたしてgrocery storeと呼べるのでしょうか?

grocery storeってなんだろう?

実際にgrocery storeとは何かアメリカ、イギリス、カナダのネイティブ達に聞いてみました。

まず、grocery storeはアメリカ英語なんだそうです。

アメリカでは小型店はほとんどなく、大きなスーパーの中に何でも入っていることが普通。

そこでアメリカ英語では grocery store と言えば  supermarket のことを指すそうで、 野菜、肉 (魚含む)、乳製品、菓子類、総菜、ベーカリー、缶詰などの食料品はもちろん、生活雑貨も並びます。

というわけで、

grocery store とは supermarket 様々な食品+生活雑貨も扱う大型店 

冒頭でお話をした商店街の小さな食料品店などは grocery store の範疇には入らないかもしれませんが、

private small local grocery storeなどと表現すればすぐイメージしてくれます。

ああイギリスでもcorner shopnewsagentなどは見かけなくなってきたわ
カナダのコンビニでは食料品売ってるけど、確かにgrocery storeとは言わないね

などと会話が広がります。

また、最近ではsupermarketより更に大型で、衣食住全てを扱うようなワンフロア・集中レジ方式店舗が増えており、そのような店を、

イギリス英語ではhypermarket

アメリカ英語ではsupercenter

と呼ぶそうです。

英語表現は、国や時代によって変わって行きます。豆知識として覚えておきましょう。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。