【どこが好きですか?】which part と what~aboutの使い分け




たとえば、友人同士の会話などで

「彼女のどんなところが好きですか?」

などと聞くことはありますよね。

 

これを直訳すると

Which part of her do you like?

になりますが、ネイティブにはこのように聞こえるそうです。

 

 

 

 

どこ/どの部分という意味でWhich partあるいはWhat partを使った場合、ネイティブには体のどの部分と聞かれていると考えられるので、「彼女の脚が好きだ」などの答えになるそうです。

もちろん、その意図であればこの聞き方で大丈夫ですが、多くの場合は体の部分を聞いているのではないでしょう。

「彼女のどんなところが好きですか?」の英語らしい表現の一つは

What do you like about her?

です。

そうすれば

Her kindness toward everyone.

(みんなに優しいところです)

のような答えが返ってくるでしょう。

 

同様に「日本のどんなところが好きですか?」

What do you like about Japan?

です。

The food is nice and healthy.

(食べ物がおいしくてヘルシーなところです)

という感じで返事してくれるはずです。

 

ちなみに

Which part of Japan do you like?

と聞いた場合は、

Osaka

部分的な答えが返ってくるでしょう。

WhichとWhatの使い分け

 

Whichは選択肢がある場合に、whatは選択肢がない、あるいは選択肢が緩やかな場合に用いられるので、これも覚えておきましょう。

選択肢あり

彼は何と言ったのですか、AそれともB?:

Which did he say, A or B?

選択肢なし

彼は何と言ったのですか?

What did he say?

WhichでもWhatでもよいもの

 

使い分けをしなくてもよい例もあります。

たとえば「どの県で生まれたのですか?」

In which prefecture were you born?

でも

In what prefecture were you born?

でもOKです。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。