googlead8d30e501d3c01c

【英会話TIPS】疑問文は否定・肯定問わず動詞に反応する

 

英会話で、肯定疑問文の応答であれば問題ないが、否定疑問文になると、とたんに会話が成立しなくなる経験ってありませんか?

今回はこの疑問文の答え方を日本語と英語の違いを踏まえながら学びます。

ちなみに肯定疑問文とは肯定文で聞く質問のことで(例:これは好きか?)、

否定疑問文とは否定文で聞く質問のこと(例:これは好きでないのか?)です。

早速、日本語の会話で例をみてみましょう。

あなたは魚が好きではないのですか?

と聞かれて、嫌いな場合は

はい、好きではありません。

と返します。私達は「好きではない」ことに反応しますよね。

これが英会話の落とし穴になります。

 

Don’t you like fish?(魚は好きではないのですか?)

「魚は好きではないのか?」か。はい、その通りですよと・・・


Yes, I don’t like fish.

(えっ、何いってんの!?どっちよ?)

えっ、なに混乱してるの!?

こんな感じで、ネイティブを混乱させた覚えはありませんか?

 

日本語は「否定・肯定」に反応し、英語は「動詞」に反応するということを覚えて下さい。

実際に日本語と英語の会話を比較します。

前提として、どちらも珈琲が好きではない状況を想定します。

日本語の応答

肯定疑問文の応答

あなたはこのコーヒー好きですか

いいえ、好きではありません。

肯定疑問を否定)

 

否定疑問文の応答

あなたはこのコーヒー好きではないですか

はい、好きではありません。

否定疑問を肯定)

 

否定文の応答

じゃあ、あなたはこのコーヒー好きではないのですね。

はい、好きではありません。

否定を肯定)

このように日本語では肯定・否定の箇所に反応します。

 

英会話の応答

肯定疑問文の応答

Do you like this coffee?

(あなたはこのコーヒー好きですか?)

No, I don’t.(いいえ、好きではありません)

likeに反応)

 

否定疑問文の応答

Don’t you like this coffee?

(あなたはこのコーヒー好きではないですか?)

No. I don’t.(いいえ、好きではありません)

likeに反応)

 

 

否定文の応答

So you don’t like this coffee.

(じゃあ、あなたはこのコーヒー好きではないのですね)

No. I don’t.(いいえ、好きではありません)

likeに反応)

このように英語の場合、肯定であろうが否定であろうが、動詞(like)だけに反応しているのがわかりますね。

 

Be動詞の応答

Be動詞の場合は補語(C)に反応します。

お腹がすいていない状況を前提とした会話文をみてみます。

肯定疑問文の応答

Are you hungry?

(おなかはすいていますか?)

No. I’m not.(いいえ、すいていません)

hungryに反応)

 

否定疑問文の応答

Aren’t you hungry?

(おなかはすいてないのではないですか?)

No. I’m not.(いいえ、すいていません)

hungryに反応)

 

否定文の応答

So you aren’t hungry.

(じゃあ、おなかはすいていないのですね)

No. I’m not.(いいえ、すいていません)

hungryに反応)

 

どうでしょうか。ルールがわかってしまえばなんてことはありませんね。

ただ、肯定したいのにNoと言うことはなかなか難しいものです。

こういったリアクションは頭で理解できても、咄嗟にはなかなか出てきません。

会話パートナーを見つけてたっぷり練習して下さいね。

by 各務 乙彦

この記事が気に入ったらクリックをお願いいたします!


英会話ランキング

1クリックで筆者のやる気がみなぎります!

 

今週のフレーズ「喫煙法に怯える居酒屋」からdo away with Aを学ぶ

Koji Tanaka (left), the 78-year-old owner of Ozeki, an izakaya (Japanese-style pub) in Meguro Ward, Tokyo, says the capital’s new anti-smoking ordinance could squeeze small businesses like his to the point they may have to fold. | TOMOHIRO OSAKI

東京都は、受動喫煙を防止するために、居酒屋などでの禁煙のルールを採択しました。

このルールはタバコを吸わない人にとっては嬉しいのですが、喫煙室を設けることができない小さなお店にとっては死活問題になるのかもしれません。

そんな今週の記事、

Tokyo pub owners fear the impact of tougher smoking laws.

東京のパブのオーナーはより厳しい喫煙法のインパクトにおびえる。

*pub「パブ」:ここでは小規模の居酒屋など

から「今週のフレーズ」をお届けします。

 

さて、この記事のなかで

do away with A

Aを排除する/Aを廃止する

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

【今週の英文】

 “The spread of fast-food chains has squeezed our business enough, but the new anti-smoking policy is almost equal to doing away with small businesses like us,” he said.

「ファーストフードチェーンの拡大が十分に私たちの商売を圧迫した、しかし新たな反喫煙政策は私たちのような小さな商店を排除するのとほぼ同じだ」と、彼は述べた。

*be almost equal to A「Aとほぼ同じ」

*business「ビジネス/商売」:不可算名詞、「会社/商店」:可算名詞

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

【今週の例文】

After many protests and complaints about the uniforms, the school decided to do away with them next year.

制服についての多くの抵抗と不平のあと、その学校は来年それを廃止することを決定した。

全員をほぼ同じ服装にする制服は時代と共に少なくなっていくのかもしれませんね。

 

【今週のフレーズ】

do away with A

Aを排除する/Aを廃止する

 

出典:The Japan Times  Jul. 10, 2018

Tokyo pub owners fear the impact of tougher smoking laws.

 

この記事が気に入ったらクリックをお願いいたします!


英会話ランキング

1クリックで筆者のやる気がみなぎります!

 

今週のフレーズ「お茶の水女子大、LGBT受入れ」からissue a statement sayingを学ぶ

お茶の水女子大がトランスジェンダーの生徒を受け入れる予定であることを発表しました。すでに米国の大学では、このような受け入れは広く行われているようです。

今回の記事の中でも書かれていますが、日本人の13人に1人はLGBT(lesbian, gay, bisexual, transgender)であると言われています。

多様性を大切にする世界の潮流は、日本にも及んできていますね。

そんな今週の記事、

A women’s university in Tokyo is to accept transgender students.

東京のある女子大がトランスジェンダーの生徒を受け入れる予定だ。

*Be動詞+不定詞=予定

*transgender「トランスジェンダー」:生まれ持った性別と心の性が一致しない人

から「今週のフレーズ」をお届けします。

続きを読む

【英会話がどうも噛み合わない】OKの主語はそれで大丈夫?

会話の時、主語の理解があいまいなままだと、トンチンカンなやりとりになることが多くなります。

 

以下、花子さんとメアリーさんの会話のスクリプトです。

花子: 明日の午後3時にミーティングを行いたいのです。あなたはご都合はいかがですか?

メアリー: はい、私は大丈夫です。

オフィスではしょっちゅう交わされるやりとりですね。

それでは、この会話の英訳は以下で正しいでしょうか?

花子: I’d like to hold a meeting at 3:00 pm tomorrow. “Are you OK”?

メアリー: Yes, “I’m OK”.

続きを読む

今週のフレーズ「成長するペット保険市場」からpartly becauseを学ぶ

Pet owners are increasingly worried about soaring medical bills as the life expectancies of animals continue to grow with advances in medicine. | KYODO

日本では人間の寿命が延びるのに平行して犬やネコのペットの寿命も延びています。

それに伴って、ペット保険が注目されているようです。ここにも時代の流れを感じますね。

 

そんな今週の記事

The pet insurance market in Japan is expanding with a rise in life spans and veterinary bills.

日本のペット保険市場は寿命と動物病院費の増加で拡張している。

*life span「寿命」:ここではペットの寿命

*veterinary「獣医(の)/動物病院(の)」

から「今週のフレーズ」をお届けします。

続きを読む

今週のフレーズ「大金星でワールドカップの関心が急上昇」からwith A Bを学ぶ

Designer Yasukazu Asano poses with T-shirts he produced with the phrase ‘Osako hanpa naitte’ (‘Osako is way too good’) printed on them in May in Tokyo’s Chiyoda Ward. | KYODO

ロシアのワールドカップ初戦で、日本がコロンビアを破りました。大金星です。それほどサッカー好きではない人まで、今回はサッカーに引き込まれているようです。

スポーツはある意味、人々の気持ちを一つにする魔法のような効果があるのかもしれませんね。

そんな今週の記事

Japan’s interest in the World Cup spikes after Samurai Blue’s surprise win over Colombia.

ワールドカップへの日本の興味はコロンビアへの侍ブルーの驚くべき勝利のあと急上昇する。

*over A「Aを超える/Aを巡る」:今回は「Aへの」と訳した

から「今週のフレーズ」をお届けします。

続きを読む

今週のフレーズ「防げない児童虐待」からidentify what is lacking in Aを学ぶ

保護者による児童虐待死が後を絶ちません。その原因のいくつかはかなり明らかなように思えますが、解決することはできるのでしょうか。

そんな今週の記事、

What is lacking in the fight against child abuse?

児童虐待との戦いにおいて何が欠けているのか?

から「今週のフレーズ」をお届けします。

続きを読む

【冠詞のTIPS】実は楽器にtheは必須ではない

中学生で英語を学びだした頃「楽器には必ずtheを付けろ」と教えられませんでしたか。

たとえば、趣味を聞かれて「私はギターを弾きます」と答える時は、

I play “the” guitar.

にすると習います。

でも、このtheは一体何のために付いているのでしょう?

続きを読む