googlead8d30e501d3c01c

【今週のフレーズ】NHKの最高裁判決

先日、最高裁で、NHKの受信装置を持っている人はNHKの受信料を支払う義務があるという判決が出ました。この判決はNHKにとっての大きな安心となりそうです。でもまだ、ワンセグなどの問題は未解決のままのようです。

多くの人にとって身近で大きな問題ですね。

そんな今週の記事

TV owners are legally obliged to pay NHK fee: Japan’s Supreme Court

「テレビ所有者は法的にNHK受信料を支払う義務がある:日本の最高裁」

から「今週のフレーズ」をお届けします。

 

さて、この記事のなかで

bring great reassurance to A

Aに大きな安心をもたらす

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

【今週の英文】

The ruling is expected to bring great reassurance to NHK, also known as Japan Broadcasting Corp., which has relied on the fees as its main source of income and has been struggling with unpaid bills.

「その判決は日本放送協会としても知られるNHKに大きな安心をにもたらすと予測されているが、同局は受信料を収入のその主たる財源として依存しそして未払いの請求に苦しんできた」

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

【今週の例文】

The company’s thorough testing and total guarantee brings great reassurance to its customers.

「その会社の徹底的な検査と総合的な保障はその顧客に大きな安心をもたらしている

*その顧客=同社の顧客

 

【今週のフレーズ】

bring great reassurance to A

「Aに大きな安心をもたらす」

 

出典:The Japan Times Dec. 6, 2017  KYODO

TV owners are legally obliged to pay NHK fee: Japan’s Supreme Court

 

数えられる名詞、数えられない名詞【抽象名詞編】

 

前回、英語には数えられる名詞「可算名詞」:“Countable Noun”と、数えられない名詞「不可算名詞」:“Uncountable Noun”があり、輪郭を基準としてこれらを見分ける方法をお伝えしました。

数えられる名詞、数えられない名詞【物質編】

しかし「経験」や「オピニオン」などの輪郭のない抽象的な名詞にもかかわらず可算名詞として扱われているものがあります。これはどう見分ければよいのでしょうか・・?

 

大前提

抽象的・概念的な名詞は物理的な輪郭がないため、基本「不可算名詞」と考えます。

 

抽象名詞の可算化

しかしながら、多くの抽象名詞は可算不可算の両方の用法ができます。

change「変化」、experience「経験」、failure「失敗」、form「形状」、noise「騒音」、sound「音」、opinion「意見」、life「生活」、birth「誕生」、death「死」、disease「病気」、 pain「苦痛」、conversation「会話」、attack「攻撃」、war「戦争」、victory「勝利」、suicide「自殺」、desire「願望」、doubt「疑い」、fear「不安」、hope「希望」、analysis「分析」、interest「興味」 など

どういうことでしょうか?

どういう場合にこれらの名詞が可算名詞として扱われるのでしょうか?

例を2つ見てイメージを作ってみましょう。

opinion

I have three opinions.「可算名詞」

「私は3つの意見を持っています」

意見が明確化して、抽象性がなくなっている様子ですね。

This is general opinion.「不可算名詞」

「これが世論です」

「これが世の多数の意見だ!」と言われても、古今東西、誰が言ったかわからない、曖昧模糊な事が多いですよね。

experience

I had many excellent experiences during the trip.「可算名詞」

「私はその旅行の間に多くの素晴らしい経験をした」

期間・行動が絞られているので、ここでの「経験」は抽象性がなく具体的です。

Experience is the best teacher.「不可算名詞」

「経験は最良の教師」

人類60億人それぞれの人生があり、それぞれが経験することもバラバラなので全くもって抽象的です。

 

このように抽象名詞であっても、具体的であり、明確なものは

イメージがはっきりしている=輪郭がある

とみなされ可算化されます。

 

最後に日本語では頻繁に数えられてしまうので、特に間違いやすくなっている「不可算名詞」を紹介します。

これらはイメージが明確化しないと考えられているため可算名詞にならないので注意が必要です。

 

advice「アドバイス」、information「インフォメーション」、work「仕事」、homework「宿題」、evidence「証拠」、fun「楽しみ」、knowledge「知識」、damage「損害」、help「助け」など

 

 

by 各務 乙彦

【今週のフレーズ】大阪万博2025に向けて

2025年のエキスポを大阪で開催するために、大阪は「多様な文化の融合」と「テクノロジー」を前面に出し招致活動を行っています。様々な国のハーモニーを中心課題とし、かつ、多くのアンドロイドが活躍するStar Warsのような世界を目指しているようです。

楽しみですね。

 

さて、そんな今週の記事

For the 2025 Expo, Osaka uses technology to take on Paris.

「2025年エキスポに向けて、大阪はパリと戦うためにテクノロジーを使用する」

*take on「引き受ける/呈する/戦う」

から「今週のフレーズ」をお届けします。

 

この記事のなかで

people from diverse backgrounds

「異なるバックグラウンドからの人々」

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

【今週の英文】

 On Yumeshima Island, only about 20 minutes from central Osaka, you’ll be able to visit the Osaka-Kansai Japan World Expo and not only enjoy attractions with zero waiting times but also interact with people from diverse backgrounds to cocreate in organic harmony.

「セントラル大阪からわずか約20分の夢洲島で、あなたはOsaka-Kansai Japan World Expoを訪れそしてゼロ待ち時間でアトラクションを楽しむだけではなく自然発生的なハーモニーの中で共同創造するために異なるバックグラウンドからの人々と交流することもできる」

*not only A but also B
A:enjoy attractions with zero waiting times
B:interact with people from diverse backgrounds to cocreate in organic harmony
*cocreate in organic harmony「自然発生的なハーモニーの中で共同創造する」
*organic「有機的な/自然な/自然発生的な」

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

【今週の例文】

The people of the city come from many different countries and areas, and you can find people from diverse backgrounds speaking several languages there.

「その都市の人々は多くの異なった国とエリアから来ている、そしてあなたは異なるバックグラウンドからの人々がそこでいくつもの言語を話しているのを見いだすことができる」

「その都市」とはどこの都市のことでしょうか。東京ではなさそうですね。

 

【今週のフレーズ】

people from diverse backgrounds

「異なるバックグラウンドからの人々」

 

 

出典:The Japan Times Nov. 26, 2017

For the 2025 Expo, Osaka uses technology to take on Paris.

 

【和製英語にご注意】See you again!編

“See you again!”

「じゃあ、またね」みたいな感じで、日本でもよく知られた挨拶フレーズですよね。

しかし、ネイティブは“See you again!”とは言いません。

彼らが“See you again!”と聞くと「この人あまり英語を知らないな」とか「言葉足らずだな」と感じるそうです。

その理由は、(I’ll) see you の後ろには「いつ」に相当する語句が必要であり、“again”は「いつ」に相当しないからです。

 

したがって

I hope to see you again before I leave Japan.

日本を去る前にもう一度会えたらいいですね」

のように、“again”にくわえて具体的な「いつ」が必要になります。

 

ですので「じゃあ、またね」という場合は

  • See you soon!(すぐに会う場合)
  • See you later!(その日の内に、また近々会う場合)
  • See you at 2:00!(会う時間が決まっている場合)
  • See you tomorrow!(会う日が決まっている場合)
  • See you next Sunday!(会う曜日が決まっている場合)

See youの後に「いつ」を付け忘れないようにしてください。

 

ちなみに、しばらく会えないときに「メールしてね」と言いたい場合は

⭕ I’m looking forward to getting an e-mail from you.

「私はあなたからのメールを受け取るのを楽しみにしています」

このtoは前置詞なので、その後ろには名詞(動名詞)が入ります。

❌ I’m looking forward to get an e-mail from you.

としないように注意しましょう。

See you next Monday!

by 各務 乙彦

 

【今週のフレーズ】変わるベビーシッターから”viable only for” を学ぶ

保育施設の不足と時代の変化に伴い、ベビーシッターが注目を集めています。千代田区などでは官民共同の取り組みがスタートしています。信頼性と安全性がとても重要な要素ですね。

 

そんな今週の記事

Japan begins to embrace baby-sitting as day care services elude.

「デイケアサービスが見つけるのに難しくなるなか、日本はベビーシッティングを受け入れ始めている」

*baby-sitter「ベビーシッター」
*baby-sitting「ベビーシッティング/ベビーシッターをすること」
*elude「見つけるのに難しくなる/~から逃れる」
cf. Answer eluded me.「答えが私から逃げた。」(冗句)

から「今週のフレーズ」をお届けします。

 

さて、この記事のなかで

viable only for A

Aにだけ実行可能な」

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

【今週の英文】

 Baby-sitters used to be considered a luxury viable only for the wealthy, but that view is changing.

「ベビーシッターは裕福な人たちだけに実行可能な贅沢なことだと考えられてきたものだ、しかしその見方は変化している」

*used to+動詞の原形「~したものだ」:I used to work here.「私はここで働いていた(ものだ)」
cf. be used to+名詞(動名詞)「~に慣れている」:I’m used to working here.「私はここで働くのに慣れている」
*luxury「贅沢なこと/贅沢品」

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

【今週の例文】

Making a profit in this market used to be viable only for big corporations, but now many smaller companies have found success as well.

「このマーケットで利益を出すことはかつては大企業にだけ実行可能であった、しかし今や多くのより小さな企業が同様に成功を見いだした」

IT技術の革新が中小の企業にもビジネスチャンスを広げているのでしょう。

 

【今週のフレーズ】

viable only for A

Aにだけ実行可能な」

 

 

出典:The Japan Times Nov. 20, 2017  KYODO

Japan begins to embrace baby-sitting as day care services elude.

 

数えられる名詞、数えられない名詞【物質編】

英語には、

数えられる名詞「可算名詞」“Countable Noun”

数えられない名詞「不可算名詞」“Uncountable Noun”

が存在します。

これが悩みのタネになることも多いですよね。

今回は、それを解決するTIPSを紹介します。

 

大前提

「可算名詞」「不可算名詞」そのどちらであるのかを判断する基準は「輪郭」です。

その名詞の「輪郭」がはっきり見えれば「可算名詞」

反対に「輪郭」がなかったり、ぼやっとしていれば「不可算名詞」になります。

 

「輪郭」が見える名詞「可算名詞」

例)book「本」、building「ビル」、car「車」、dog「犬」、tree「木」、pen「ペン」、apple「りんご」

「輪郭」が見えない名詞「不可算名詞」

例)water「水」、art「芸術」、gas「ガス」、milk「牛乳」、coffee「コーヒー」、oil「油」、beer「ビール」、air「空気」、furniture「家具」

 

総称は数えられない

「あれっ?”furniture”「家具」には輪郭があるよね」と思われた方がいらっしゃると思います。

そう、注意したいのは、個別に輪郭があっても、何かの総称として使われる名詞はイメージが不明確になるため「不可算名詞」の扱いになります。

 

ほかにも例を参考にイメージを掴んで下さい。

例)clothing「衣類」、equipment「装置」、fruit「フルーツ」、jewelry「宝石類」、machinery「機械類」、cash「現金」、 money「お金」

お金は数えられそうですが、実際に数えるのは、コイン”coins”やお札”bills”であり”money”や”cash”は総称扱いになります。

素材は数えられない

食材や、建築などの素材は切り出し方や、量り方で輪郭が変ってしまうので「不可算名詞」になります。

例)

bread「パン」、salt「塩」、pepper「胡椒」、rice「お米」、butter「バター」、cream「クリーム」、pasta「パスタ」、beef「牛肉」、chocolate「チョコレート」、cheese「チーズ」

coal「石炭」、iron「鉄」、paper「紙」、sand「砂」、soup「石鹸」

塩や米など、数えて数えられないこともないですが、大変です。こういう「不可算名詞」も量で数えます。

  • a slice of bread
  • a bottle of water
  • a pint of beer
  • a bowl of rice
  • a pound of iron

ここでbread「パン」が数えられない?という疑問がでてきます。

日本人はあんぱんのような小さなパンをイメージしがちですが、

パンは、切り出す素材だというのが本来のイメージです。

 

日本人がよく間違える単語なので覚えておいて下さい。

 

「可算名詞」にも「不可算名詞」にもなる名詞

名詞の中には「可算名詞」にも「不可算名詞」にもなれるものも多くあります。

注意しないといけないのは加算、不加算で意味が変わってしまうことです。

例)

「不可算名詞」的用法

fish「魚肉」、cake「ケーキ」、chicken「鶏肉」、light「ひかり」

「可算名詞」的用法

a fish「生きてる魚」、a cake「ホールのケーキ」、a chicken「にわとり」、a light「照明器具」

 

ですので、「魚を食べるのが好きです」を言おうとして”I like to eat a fish!”とやってしまうと・・。

 

「生きてる魚を丸ごと食べるのが好きです」

まるで熊のようなワイルドさですね。

英語の名詞は奥深いので例外ルールはありますが、まずは普段から名詞の「輪郭」を意識して、イメージを身に付けるようにしてください。

by 各務 乙彦

【今週のフレーズ】漬物が子供の野菜嫌いを救う

Ole G. Mouritsen is interviewed at the Royal Society in London on Oct. 17. Mouritsen and chef Klavs Styrbaek cover the history, science and aesthetics of Japanese pickles in a new book. | KYODO

オランダ人美食学者が日本の漬け物に注目し、日本の漬け物が世界中の野菜嫌いの子供たちに野菜を食べさせるための鍵になる可能性があると発表しました。外国人の目から見た日本の漬け物という視点が楽しいですね。

そんな今週の記事、

Japanese pickles are the key to getting kids to eat greens, a Danish gastrophysicist says.

「日本の漬け物は子供たちに野菜を食べさせるための鍵であると、オランダ人美食学者が語る」

*gastrophysicist「美食学者」:gastro「胃」、physicist「自然科学者」
cf. gastronomy「美食術/美食学」
*greens「(緑の)野菜」

から「今週のフレーズ」をお届けします。

 

さて、この記事のなかで

the key to getting A to B

ABさせる(Bしてもらう)ための鍵」

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

【今週の英文】

 Having spent the last decade researching and writing on Japanese cuisine, Professor Ole G. Mouritsen has turned his attention to tsukemono, and believes they are the key to getting children to embrace vegetables.

「ここ10年を日本料理に関して研究し書くことに費やして、Ole G. Mouritsen教授は彼の注意を漬け物に向けてきた、そしてそれらが子供たちに野菜を楽しませるための鍵であると信じている」

*cuisine「調理法/(特定の地域の)料理」
*Ole G. Mouritsen「オレ・G・モリッツェン」
tsukemono:英語にとっての外来語は斜字体
*embrace「抱きしめる/受け入れる/享受する/楽しむ」

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

【今週の例文】

We believe good customer service is the key to getting people to come back and become loyal customers.

「我々は良いカスタマーサービスが人々に再来場させ忠実な顧客になってもらうための鍵だと信じている」

get A to BABさせる/ABしてもらう」のto は不定詞なのでBには動詞の原形が入ります。

the key to gettingのtoは前置詞なので、getの名詞形(動名詞)gettingが入ってます。

 

【今週のフレーズ】

the key to getting A to B

ABさせる(Bしてもらう)ための鍵」

 

 

出典:The Japan Times Nov. 8, 2017 KYODO

Japanese pickles are the key to getting kids to eat greens, a Danish gastrophysicist says.

 

 

【和製英語にご注意】エキセントリック編

eccentric”を辞書で引くと「正確や行動が普通でないさま。ひどく風変わりなさま。変人。奇人。奇矯」と出てきます。

そしてこの単語は「エキセントリックな」という日本語にもなっていて、

「彼、エキセントリックだよね」=「彼、変だよね」

と、同調圧力文化の日本ではあまり良いイメージにはなりません。

日本語でのエキセントリックのイメージ

 

もちろん英語圏でも“He is eccentric.”は「彼、変だよね」という意味合いにもなりますが、他の人と違う行動や考え方を尊重する欧米文化においては「唯一的な/独創的な」と、良いイメージで使われることが多いのです。

シャーロック・ホームズやアインシュタインなどは、典型的な“eccentric”と言われています。

 

なので、何か人とは異なる行動をして

Oh, you are eccentric!

と言われたら、「変なヤツだな」という意味合いよりも「独創的だな!」という褒め言葉であることが多いのです。

ちなみに“eccentric”の語源は、

接頭辞ec(外)+語幹cen(中心)+形容詞接尾辞ic

で構成され、基本イメージは

「中心から離れた」→「風変わりな」→「ユニークな/独創的な」

という感じで広がります。

 

私はイギリスに語学留学していたときに、毎日同じパブに通って英語をマスターしました。

その時、同じ語学学校に通っていた何人かの日本人が日本人同士でいつも固まってテーブルに座っていたのに、私は彼らとは離れてカウンターに立ちイギリス人とひたすら話していました。もちろん日本人が嫌いだからではなく、英語を話したかったからです。

その時にイギリス人から何度か言われた言葉が、

“Otto, you are eccentric!”

私はこの言葉が「良い意味」で使われたと思っています。きっとほめられていたはずです・・・。

 

最後に“eccentric”を含む格言を記します。

If you are not rich, you are just weird, but if you are rich, you are eccentric.

「もしあなたがお金持ちではなかったら、ただの変人だが、あなたがお金持ちなら、異能の人だ」

by 各務 乙彦

 

【今週のフレーズ】パタハラに苦しむ父子家庭

日本に住んで、日本の企業で働いているカナダ人男性が、父親の育児休暇の権利を巡って企業と戦っています。

この問題は彼1人にとどまらず、多くの日本の働く男性にとっても大きな問題かもしれませんね。

そんな今週の記事

A Tokyo single father takes on paternity harassment.

「東京の独身の父親がパターニティハラスメントと戦う」

*take on A「Aを引き受ける/Aと戦う」
*paternity harassment「パターニティハラスメント」:この記事では「父親の権利の侵害/嫌がらせ」

から「今週のフレーズ」をお届けします。

 

さて、この記事のなかで

get to the point where A

Aするところまで来る」

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

【今週の英文】

I saw a lot of women in the company going through this and suffering like this, and I got to the point where I couldn’t stay silent.

「私はこの会社の女性の多くがこれを経験しそしてこのように苦しむのを見た、そして私は私が沈黙ではいられないポイントに達した

*go through A「Aを経験する」
*stay silent「黙っている」

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

【今週の例文】

After the politician lied and changed his opinions several times, it got to the point where the public didn’t believe anything he said.

「その政治家が何回も嘘をつき彼の意見を変えた後、状況は大衆が彼が言ったどんなことも信じないところまできた

*この“it”は「状況のit」

この文はある政治家を心に描いて作りました。さてそれは誰でしょう?

 

【今週のフレーズ】

get to the point where~

「~するところまで来る」

 

 

出典:The Japan Times  Nov. 2, 2017

A Tokyo single father takes on paternity harassment.

 

【和製英語にご注意】ナイーブ編

 

今回は日本でもよく知られている「ナイーブ」という単語について学びます。

日本語の辞書を引くと「純真なさま。また、物事に感じやすいさま」と出てきます。「彼女はナイーブだ」と言うと、「彼女は純真だ」あるいは「彼女は物事に感じやすい」という解釈になり、「ナイーブ」が比較的「良い」イメージで使われています。

100%植物成分で優しく洗ってくれる石鹸のネーミングなんかにも使われていますよね。

しかし、これにネイティブは驚いてしまうそうです。

それは、この「ナイーブ」、形はほぼ同じものが英語にあっても、意味が英語と明らかに異なる「和製英語」の典型だからです。

 

英和辞典で“naive”を調べてみましょう。

「世間知らずの/考えが甘い/子供っぽい/幼稚な/だまされやすい/馬鹿正直な」

と、日本語の「ナイーブ」とは違う、ネガティブなイメージになっています。

“naive”の典型的な例文です

You are naive if you believe that everyone always tells the truth.

「皆がいつも本当のことを言うと信じるならば、あなたは幼稚だ」

面と向かって言われたらきつい感じですよね。

 

日本語の「彼女はナイーブだ」という内容を英語で言いたいときは、

❌ She is naive.

とは言わずに。

⭕ She is pure.「彼女は純粋だ」

⭕ She is innocent.「彼女は無垢だ」

⭕ She is sensitive「彼女は感受性が高い」

などが自然でしょう。

 

和製英語には注意が必要です。

by 各務 乙彦