【キレる】angryとmadの使い分け




angryは中学校1年生の時に習う「怒っている」という意味の形容詞ですよね。

でもアメリカの映画やドラマなど見てると「怒っている」にmadが使われていることがあります。

今回はこの2つの形容詞のニュアンスの違いを学び、使い分けができるようにします。

angry

angryは怒りを表す汎用性の高い形容詞ですが、どの程度の怒りなのかはっきりしません。

そして、その怒りは一気に爆発させる感じではなく、心の中で怒っているイメージが強くなります。

状態

She is angry at her husband.

彼女は彼女の夫に腹を立てている。

したがってangryは「怒っている」と訳すよりも「腹を立てている」としたほうがしっくりくることが多いのです。

また、Be動詞getを使い分けることで微妙なニュアンスを表すことができます。

変化

She got angry at her husband.

彼女は彼女の夫に腹を立てた。

Be動詞が状態(~している)を表すのに対して、getは変化(~した)を表す

mad

madは怒りが爆発して外に現れているイメージです。キレるというのがピッタリのイメージでしょう。

状態

She is mad at her husband.

彼女は彼女の夫にカンカンに怒っている。

この形容詞もBe動詞getの使い分けることで微妙なニュアンスを表すことができます。

変化

She got mad at her husband.

彼女は彼女の夫にカンカンに怒った。

Be動詞が状態(~している)を表すのに対して、getは変化(~した)を表す

 

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。