【違いがあるのを知ってました?】canとbe able toの使い分け




「できる」を表す英語にcanbe able toがあります。こ

でも、この使い分けってどうすればいいのかわからなくないですか?

この2つは含まれるイメージが変わってくるので、それで区別して使い分けます。

 

Can

I can cook.

「私は料理ができる」

canのイメージは広い意味での「~できる」

したがってI can cook.は「私は料理する能力がある」というイメージと同時に、

(明日は休みだから)「料理することができる」という感じで、状況面での「できる」を表すときにも使われます。

Be able to

I’m able to cook.

「私は料理することができる」

be able toのイメージは「~する能力がある」。

したがってI’m able to cook.は「私は料理する能力がある」という限定的な「できる」を表します。

 

英会話のなかで「~できる」はcanを使っておけば無難ですが、「能力」を強調したいときの「できる」はbe able toを使うことによってメリハリを出すことができます。

 

たとえば

I’m able to cook, but I can’t now because I have run out of salt.

「私は料理できる、でも塩を切らしてるから今はできない」

ちょっと言い訳がましいですが、こんな感じで言っておきたい状況もあるでしょう。

by 各務 乙彦

 

この記事が気に入ったらクリックをお願いいたします!


英会話ランキング

1クリックで筆者のやる気がみなぎります!

 


英語を0から組み立て直す教室

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。