【英会話頻出フレーズ】Do you mind?の使い方




Do you mind ・・?

相手に何か頼む時などに丁寧で、ビジネスシーンにも使いやすい英会話フレーズですよね。

 

Do you mind if I take a seat here?(ここに座ってもよろしいですか?)

と聞かれて、「どうぞいいですよ!」と許可したい時は、、

A. Yes, I do!

B. No, not at all!

 

どちらが正解でしょうか?

A.と答えた方。この表現は相当キツイので喧嘩になるかもしれませんよ。

 

 

許可を取るときのDo you mind・・・?

自分が何かしたい時に許可をもらう時はDo you mind if I・・?の形で使います。

頼みを許可する時

まず、直訳で考えてみます。

mindは「気にする」という単語ですから、Do you mind if I take a seat here?は、「私がここに座ったら気にしますか?」という意味になります。

したがって「座っていい時」→「気にしない時」は疑問文の「動詞」mindに反応させた答え、

B. No, not at all

「いいえ、まったく気にしません」

が正解となります。

 

原則、英語は疑問文の「動詞」に反応しなければいけませんが、mindの疑問文に関しては、さすがのネイティブも反応しきれないのか、Sure! / OK! などと答えている場面もよく見ます。

頼みを断る時

頼みを断るときは気をつけましょう。

A.のYes, I do (mind).では、相当キツイ表現になります。

断る場合は I’m sorry but・・・で理由を添えます。

Do you mind if I take a seat here?(ここに座ってもよろしいですか?)

I’m sorry but someone is sitting here.(すいません、ここには座っている人がいます)

 

何かしてもらいたいときのDo you mind・・?

それでは最後に相手に何かしてもらいたい時に使用するフレーズも覚えておきましょう。

形はDo you mind ~ing・・?です。

例文

Do you mind helping me with the work?(仕事を手伝ってもらえませんか?)

承認する時

No, not at all. / Sure! / OK!

断る時

I’m sorry but I’m tied up now.(すみません、今、手が離せないんです。)

 

日本語とは答え方が反対になるので、慣れるまでは混乱しますよね。

とりあえず何か聞かれてOKな時はSure!、NGの時はSorry〜と答えられるようにしておきましょう。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。

コメントを残す