無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(10月14日)

品詞を知れば英語が近づく!副詞を極める編




 

品詞の中でもイマイチ用法がわかっていない人が多い副詞

形容詞とごっちゃにして混乱してる様子もよく見受けられます。

定義を見てみると「副詞とは自立語で活用がなく、主語、述語になることのない語のうち、主として連用修飾として用いられるもの。動詞形容詞副詞そして限定的ではありますが名詞を修飾する品詞です」

なんだかよくわからないですよね。

なので、今回は思い切って2つだけに機能を絞って覚えます。

動詞に「いつ・どこで・どのように・なぜ」などの情報を与える(重要)

②その他

これで一気にシンプルになりましたよね。

ポイント

ポイントをおさらいします。

:一つの単語

:主語+動詞を持たない2単語以上のまとまりで、それが全体で1つの品詞として働くもの

:主語+動詞を持つ2単語以上のまとまりで、それが全体で1つの品詞として働くもの

副詞だけでなく、の形をとることがあります。

 

動詞に情報を与える

動詞に情報を与える副詞はたった4種類です。

これを把握できるようになればどんな長文でも、もう惑わされることはなくなります。

①副詞 yesterday「昨日」 

She was busy yesterday.

彼女は昨日忙しかった。

②前置詞句 in the park「その公園で」

I played tennis in the park.

私はその公園でテニスをした。

③不定詞の副詞的用法 to study English「英語を勉強するために」

She bought the book to study English.

彼女は英語を勉強するためにその本を買った。

④副詞節 when I was a kid「私が子供のときに」

I played baseball when I was a kid.

私は子供のときに野球をした。

 

その他

副詞のいくつかは動詞以外にも、副詞・形容詞・名詞に情報を付け足すことがあります。

そんなに数は多くないので、覚えてしまいましょう。

 

副詞:very「とても」が副詞:well「上手に」を修飾する場合

Ken speaks English “very” well.

ケンは“とても”上手に英語を話す。

副詞:very「とても」が形容詞:tall「背が高い」を修飾する場合

Mary is very tall.

メリーはとても背が高い。

 

最後に副詞が置かれる位置によって、修飾する先が変わるケースを紹介します。

副詞:even「さえ」が、名詞:Tomを修飾

Even Tom speaks French.

トムでさえフランス語を話す。

※あの頭の悪いトムでさえフランス語は話せる。

副詞:even「さえ」が、動詞:speakを修飾

Tom even speaks French.

トムはフランス語を話しさえする。

※トムはフランス語の読み書きだけではなく、話もできる。

副詞:even「さえ」が、名詞:Frenchを修飾

Tom speaks even French.

トムはフランス語さえ話す。

※トムは英語、ドイツ語だけではなくフランス語だって話せる。

 

以上です。

主に副詞は「動詞に情報を与える。語だけでなく、句や節の場合もある」ことをしっかり覚えておいて下さい。

 

 

by 各務 乙彦

 


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。