無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(9月15日)

「明るみになった安楽死」からwith A’s consentを学ぶ




Naoki Yamamoto (center), a doctor in Tokyo who was arrested on suspicion of helping a woman die, arrives at Kyoto Station on Thursday. | KYODO

末期症状のALS患者の依頼により、薬物投与を行い死に至らしめた2人の医師が逮捕されました。

担当医でもない医者が2人組で実行するなど、今回の事件は過去の事件と比べて異例ずくめでした。

日本の安楽死に対する法整備の不備をついて、地下医療ビジネスが広がっているのかもしれません。

そんなThe Japan Timesの記事、

A sedative is found in the body of a Kyoto ALS patient who sought medically assisted suicide.

鎮静剤が、医学的に補助された自殺を求めた京都のALS患者の遺体で見つかる。

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

with A’s consent

Aの同意を得て

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

A sedative was detected in the body of a terminally ill Kyoto woman who was allegedly killed by two doctors with her consent, investigative sources said Saturday.

伝えられるところによると、本人の同意の上で2人の医者に殺された末期症状の京都の女性の遺体の中に鎮痛剤が検出されたと、捜査筋が土曜日に述べた。

a sedative / (1種類の)鎮痛剤:薬は種類を表すときは可算名詞

terminally ill / (病気が)末期症状の [形容詞] 

allegedly / 伝えられるところによると [副詞]

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

The students will be allowed to go on the school trip only with a parent’s consent.

その生徒たちはの同意を得てのみそのスクールトリップに行くことが許可される。

school trip / 遠足・修学旅行

親の同意を得てのみ→親の同意がある場合に限り

 

今週のフレーズ

with A’s consent

Aの同意を得て

 

出典:The Japan Times  Jul. 25, 2020   KYODO

A sedative is found in the body of a Kyoto ALS patient who sought medically assisted suicide.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。