無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(3月18日)

「Big Issueのジレンマ」からgive a leg upを学ぶ




 

Teruo Irishima holds up a poster promoting the Queen edition of The Big Issue Japan magazine in Osaka on Jan. 28. | KYODO

街角に立ってBig Issueというマガジンを売っている人を時々見かけます。

Big Issueはホームレスのような生活困窮者の自立応援することを目的に設立されたNPO団体で、ホームレス状態の人だけが販売できるストリートマガジンを発行しています。

活動は成功しているのですが、その成功も1つの要因となりホームレスの人々の数が減少し、活動継続が難しくなるというジレンマを抱えています。

そんなThe Japan Timesの記事、

A magazine faces ‘a Big Issue dilemma’ as Japan’s homeless ranks shrink.

あるマガジンが日本のホームレス全体が縮小するなか Big Issueジレンマに直面する。

ranks /(共通の特徴を持つ人々の)集団・全体

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

give A a leg up

Aに手助けを与える

leg up / 脚の押し上げ:素人が馬に乗るときに、他の人が脚を押し上げて乗せることから「手助けを与える」というイディオムが生まれたと思われる

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

Teruo Irishima, a homeless man from Nara Prefecture, earns a living by selling The Big Issue Japan, a magazine published around the world to give people in situations like his a leg up in life.

奈良県出身のホームレスであるイリシマテルオは、彼のような状態の人々に生活の手助けを与えるために世界中で出版されているマガジンであるThe Big Issue Japanを売ることによって、生計を立てている。

his = his situation

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

My friend gave me a leg up when I was looking for a job by introducing me to the HR manager at his company.

私の友達は、私が仕事を探していたとき、私に彼の会社の人事マネージャーを紹介することによって、に手助けをくれた

 

今週のフレーズ

give A a leg up

Aに手助けを与える

 

出典:The Japan Times  Mar. 5, 2020   KYODO

A magazine faces ‘a Big Issue dilemma’ as Japan’s homeless ranks shrink.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。