「千葉県に殺された少女」からintimidating demeanorを学ぶ




Yu Suzuki, the mayor of Noda, Chiba Prefecture, attends a news conference Thursday regarding the death of a 10-year-old girl. | KYODO

また救われるべき児童の命が失われました。

政府も真剣に受け止めているようですが、この悲劇を無駄にしないように、今度こそは抜本的な解決策を講じることを切に望みます。

そんな今週の記事、

The Chiba education board admits it showed a girl’s report of abuse to a father now suspected of fatal assault.

千葉の教育委員会は同会が少女の虐待の報告を、現在傷害致死の容疑がかかる父親に見せたということを認める。

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

intimidating demeanor

威嚇的な態度

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

The officials at the education board in Noda, Chiba Prefecture, apologized for conducting an act that showed an “extreme lack of consideration,” saying that they yielded to Yuichiro Kurihara’s request due to his “intimidating demeanor” that made them “frightened.”

千葉県、野田の教育委員会の職員は“思慮の著しい欠如”を示す行為を行ったことに対して謝罪した、彼らが彼らを“恐れ”させた彼の“威嚇的な態度”のために栗原勇一郎の求めに屈したと述べて。

yield to (AAに屈する)

文中に引用符 “ ” が使われているのは、客観的事実ではなく、職員の言葉の引用だから

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

The department manager’s intimidating demeanor made employees reluctant to report several cases of harassment.

その部長の威嚇的な態度が従業員にハラスメントのいくつかのケースを報告することを躊躇させた。

make A reluctant to do~Aに~することを躊躇させる

 

今週のフレーズ

intimidating demeanor

威嚇的な態度

 

出典:The Japan Times Jan. 31, 2019  KYODO

The Chiba education board admits it showed a girl’s report of abuse to a father now suspected of fatal assault.


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。