無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(11月17日)

「延長される正月休み」からbe likely to be able to doを学ぶ




The Nakamise shopping street in the Asakusa district of Tokyo is crowded with people on Dec. 30, 2019, ahead of New Year. | KYODO

年末年始休暇シーズンの交通機関や初詣などの混雑を緩和するために、政府は企業や教育機関などに休暇期間の延長を要請しました。

ただでさえ授業時間の不足に悩んでいる教育機関はもちろん、コロナ禍で体力が落ちている企業にとっても、この急な要請に応えることは難しいかもしれませんね。

そんなThe Japan Timesの記事、

The government suggests an extended New Year break to cut COVID-19 risks.

政府は、COVID-19のリスクを軽減するために、延長された新年休暇を示唆する。

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

be likely to be able to do~

~することができそうな

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

By lengthening the holiday season, people are likely to be able to make more flexible travel schedules and avoid congestion.

その休暇シーズンを長くすることで、人々はよりフレキシブルな旅行スケジュールを作りそして混雑を避けることができそうである。

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

After buying out one of their main competitors, the company is likely to be able to expand into more new markets.

彼らの主要ライバル社を買収したあと、その会社はより多くの新市場に拡張することができそうだ。

 

今週のフレーズ

be likely to be able to do~

~することができそうな

 

出典:The Japan Times  Oct. 23, 2020

The government suggests an extended New Year break to cut COVID-19 risks.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。