無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(10月20日)

「コロナで健康意識向上」からaccount forを学ぶ




About 50 people take part in a morning yoga session on the rooftop of the Shibuya Sky building in Tokyo on Aug. 26, before going to work. | KYODO

コロナ太りという言葉が流行し、漠然とした感覚では、コロナによる巣ごもりによって多くの人が不健康になっている印象があります。

ところがある民間機関の調査で約半分の割合の人々が以前よりも健康になったと感じているということが判明しました。不健康になったと感じている人はなんとわずか2.8%です。

皮肉なことに、コロナのおかげで人々が以前より健康に気を使い始めたのですね。

そんなThe Japan Timesの記事、

Half of people in Japan feel healthier now than before the pandemic.

日本の人々の半分がパンデミックの前よりも、今、より健康に感じている。

*pandemic / パンデミック・感染病の世界的大流行

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

account for A

Aの割合を占める

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

The survey also found that only 2.8 percent said they had become“unhealthy,”while those who felt there was no change accounted for 49.1 percent.

その調査はまた変化がなかったと感じた人々が49.1%の割合になった一方で、わずか2.8%が彼らは不健康になったと語ったということを見出した。

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

Single women aged 30 to 50 account for the largest share of our customers.

30歳から50歳の独身女性が私たちの顧客のシェアの最大の割合を占める。

*share / シェア・占有率

 

今週のフレーズ

account for A

Aの割合を占める

 

出典:The Japan Times  Sep. 2, 2020  KYODO

Half of people in Japan feel healthier now than before the pandemic.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。