「村の魅力を発信する炭の芸術家」からcome up withを学ぶ




Artful accessories: Michiko Setoyama crafts accessories and ornaments out of charcoal in a mountainous farming village in Gunma Prefecture. | KYODO

都会の忙しい生活に見切りを付け、群馬県片品村に移り住んだ炭芸術家の記事です。

なんとなくうらやましくて取り上げてみました。

そんな今週の記事、

A Gunma charcoal artist uses a DIY spirit to lead a full country life.

群馬の炭芸術家が充実したカントリーライフを送るためにDIYスピリットを使う。

DIY=Do it yourself.(自分でやろう)日曜大工などを表す場合もある

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

come up with A

Aを思いつく

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

I came up with the idea to make charcoal accessories after seeing a man who put a piece of charcoal in his pocket as a charm.

私はお守りとして炭の一片を彼のポケットに入れた男を見たあと、炭のアクセサリーを作るアイディアを思いついた

charm(魔よけ/お守り)

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

John came up with a great idea for the marketing campaign at yesterday’s meeting.

ジョンは昨日のミーティングでそのマーケティングキャンペーンのための素晴らしいアイディアを思いついた

今週のフレーズ

come up with A

Aを思いつく

 

出典:The Japan Times  Jan. 4, 2019  KYODO

A Gunma charcoal artist uses a DIY spirit to lead a full country life.

 


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。