現在、無料体験レッスンはオンライン受講のみ受け付けております

「はやぶさ2地球に帰還へ」からbrought forwardを学ぶ




小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」からサンプル収集のミッションを完了させ地球への帰還を開始しました。

到着は2020年の5月から9月になる予定だそうです。

はやぶさ2のツイートをフォローしてみましょう。

そんなThe Japan Timesの記事、

Japan’s Hayabusa2 leaves an asteroid to deliver samples to Earth in 2020.

日本のハヤブサ2が2020年にサンプルを地球に届けるために小惑星を離れる。

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

brought forward

前倒しにされた[形容詞]

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

The probe’s homeward journey, which had previously been scheduled to start by the end of this year, was brought forward after it successfully accomplished its planned tasks.

以前は今年の終わりに開始することが予定されていたその探査船の帰還旅行は、それがその計画されたタスクを成功裏に完遂したあと、前倒しにされた

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

The release date of the latest version has been brought forward in order to have it available for the Christmas season.

最新バージョンの発売開始日は、それをクリスマスシーズンに入手可能にするために、前倒しにされた

release date発売開始日

have A available for B:AをBに入手可能にする

 

今週のフレーズ

brought forward

前倒しにされた[形容詞]

 

出典:The Japan Times  Nov. 13, 2019   KYODO

Japan’s Hayabusa2 leaves an asteroid to deliver samples to Earth in 2020.

 

ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。