無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(7月7日)

「香港活動家からの願い」から think twice を学ぶ




Hong Kong pro-democracy activists Joshua Wong (left), Agnes Chow (center) and Au Nok-hin give an online news conference set up by the Foreign Correspondents’ Club of Japan on Wednesday. | JESSE JOHNSON

中国本土での国家安全法の成立で、香港の民主主義がその存続の危機に立っています。

今年中にも予定されている習近平中国国家主席の日本への公式訪問を日本が再考するよう、香港の民主化推進活動家が訴えていますが、私たちはどのように対応するべきでしょうか。

そんなThe Japan Timesの記事、

Hong Kong pro-democracy activists press Tokyo to rethink Xi’s visit to Japan.

香港の民主化推進活動家たちが、日本政府に、日本への習の訪問を考え直すよう迫る。

Xi Jinping / シー・ジンピン(習近平):中国国家主席

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

think twice

再考する・考え直す

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

“We hope that Prime Minister Shinzo Abe and the Japanese government can think twice about whether they really need to invite President Xi to Japan,” activist Agnes Chow said during an online news conference Wednesday set up by the Foreign Correspondents’ Club of Japan in Tokyo.

“私たちは安倍晋三首相と日本政府が彼らが本当にシー主席を日本に招待する必要があるかどうかについて再考することを望んでいる”と、活動家Agnes Chowは東京の日本外国人記者クラブによって設定された水曜日のオンライン記者会見の間に述べた。

Agnes Chow / アグネス・チョー:香港の民主化推進活動家

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

The author’s recent discriminatory comments made fans think twice about buying her books.

その作家の最近の差別的なコメントは、ファンたちに彼女の本を買うことについて考え直させた

 

今週のフレーズ

think twice

再考する・考え直す

 

出典:The Japan Times  Jun. 4, 2020

Hong Kong pro-democracy activists press Tokyo to rethink Xi’s visit to Japan.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。