無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(3月18日)

「IMF、消費税増税促進」からcome afterを学ぶ




 

The International Monetary Fund in Washington, D.C. on September 4, 2018. Alex Wroblewski/Bloomberg

IMF(国際通貨基金)が日本にさらなる消費税引き上げを促しました。

人口減少と高齢化が急速に進行する日本では、避けられないことかもしれませんね。

そんなThe Japan Timesの記事

The IMF urges a gradual consumption tax hike in rapidly graying Japan.

IMFは急速に高齢化する日本において段階的な消費税引き上げを促す。

から今週のフレーズをお届けします。

さて、この記事のなかで

come after A

Aの後になされる

come / 来る、行われる、なされる

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

The IMF proposal comes after the consumption tax rate was raised from 8 percent to 10 percent on Oct. 1 having twice been delayed.

そのIMFの提案は消費税率が2度延期されて10月1日に 8%から10%に引き上げられた後になされた

having twice been delayed / 2度延期されて

今回の消費税増税以前に2度延期されたので完了形受動態になっている

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

The redesign came after several customer complaints.

その設計変更はいくつかの顧客の苦情の後になされた

redesign / 設計変更[名詞]、設計変更する[動詞]

 

今週のフレーズ

come after A

Aの後になされる

 

 

出典:The Japan Times  Feb. 11, 2020 KYODO

The IMF urges a gradual consumption tax hike in rapidly graying Japan.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。