無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(3月18日)

「POW JAPAN始動」からleave A without Bを学ぶ




POWというのは「Protect Our Winters」の略称で、現在地球で起きている気候変動から雪と冬を守ろうという団体。

SNSでの環境に関する情報の発信や、若い世代に対する環境問題の啓蒙、スキー場や自治体に対して気候変動政策の働きかけなどの活動を行っています。

アメリカから始まったこのムーブメントは、今や日本を含め12ヶ国に増え、13万人以上のサポーターが活動を支えるまでになっています。

そんなThe Japan Timesの記事

A community takes action as climate change threatens Hakuba’s powder snow.

あるコミュニティが、気候変動が白馬のパウダースノーを脅かすなか 行動を起こす。

take action / 行動を起こす(句動詞)

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

leave A without B

ABなしにする

leave / 残す:後に残すというイメージのする

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

Hakuba, a northern Japan Alps village in Nagano Prefecture at the foot of some of the country’s most popular ski resorts, has a problem: global warming could leave the area without the powder snow that has long been its lifeblood.

この国のもっとも人気のあるスキーリゾートのいくつかの麓にある長野県の北日本アルプスの村である白馬は、問題を抱えている:地球温暖化がその地域長い間その活力のもとであるパウダースノーなしにしてしまうかもしれない。

could~ / ~かもしれない(仮定法過去)

[:]コロン – コロン以下の文で、コロンの前の文の詳しい説明をする役割

lifeblood / 活力のもと

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

The athlete’s injury left the team without its star player.

その選手の怪我はそのチームそのスタープレーヤーなしにした。

 

今週のフレーズ

leave A without B

ABなしにする

 

出典:The Japan Times  Feb. 21, 2020   KYODO

A community takes action as climate change threatens Hakuba’s powder snow.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。