無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(1月16日)

「大学入試の民間英語テスト延期」からin terms of を学ぶ




大学入試での民間の英語4技能検定試験の実施が延期されました。

巨大なテスト利権に対し様々な思惑が絡み合ったのか、実施決定に至るプロセスが不透明、かつ強引だったように思います。

種々の粗末ないきさつも白日のもとに晒されることになり、実施すべきかどうかも含めた抜本的な再検討に追い込まれたようですね。

そんなThe Japan Timesの記事、

Private English tests for Japan’s university entrance exams are delayed after the minister’s gaffe.

日本の大学入試の民間英語テストが大臣の失言のあと延期される。

gaffe:失敗/失言:(知らず識らずに犯す)社会的な失態を含む

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

in terms of A

Aの観点から(見ると)

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

But critics have said the use of private-sector tests would be problematic in terms of access to testing locations and higher examination fees.

しかし批評家は民間試験の使用は試験会場へのアクセスそしてより高い受験料の観点から問題があると述べてきた。

in terms of A and B:AとBの観点から

 A:access to testing locations

 B:higher examination fees

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

Company A’s products are cheaper, but in terms of overall value, Company B is a better choice because they provide more complete customer support and a more comprehensive warranty.

A社の製品はより安い、しかし全体的価値の観点から見ると、B社がより良い選択である、なぜなら彼らはより完全な顧客支援そしてより包括的な補償を提供するので。

 

今週のフレーズ

in terms of A

Aの観点から(見ると)

 

出典:The Japan Times  Nov. 1, 2019  KYODO

Private English tests for Japan’s university entrance exams are delayed after the minister’s gaffe.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。