無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(12月10日)

「新元号令和」からrun the length ofを学ぶ




新元号の令和が公表されました。

きれいな響きですね。

私は元号が変わることによって起こる、様々な現象を見て驚いています。

そんな今週の記事、

Reiwa: Japan reveals the name of the new era ahead of the Emperor’s abdication.

令和:日本は天皇の退位に先立って新しい時代の名前を公表する。

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

run the length of A

Aの長さ続く/Aの期間続く

という表現がでてきます。

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

In modern times, each era has run the length of an emperor’s reign.

近代は、それぞれの時代が一人の天皇の治世の長さで続いてきた

modern times(近代)※この意味ではtimeは常に複数形

run(続く)

参考:The show runs for an hour.(そのショーは1時間続く)

現在完了は、過去に起こった事柄を現在の視点からとらえる。

状況に応じて、

経験:~したことがある

完了:~した/~してしまった

継続:~する/~している/~してきた

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

The commercials will run the length of the sale.

そのコマーシャルはそのセールの期間続きます

 

今週のフレーズ

run the length of A

Aの長さ続く/Aの期間続く

出典:The Japan Times  Apr. 1, 2019

Reiwa: Japan reveals the name of the new era ahead of the Emperor’s abdication.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。