無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(9月15日)

「サイゼリヤマスク」からa boon to を学ぶ




サイゼリヤは、客が持参するマスクと店内に置かれている紙ナプキンを組み合わせて、食事中の飛沫拡散を防止する方法「しゃべれるくん」を考案し、全店に導入していくと発表しました。

また、しゃべれるくんの利用を促進するために、作り方がサイゼリヤ公式YouTubeチャンネルで公開されています。

普及への道はまだまだ遠いようですが、人の為に何かを行うという企業姿勢は見習いたいと思います。

そんなThe Japan Timesの記事、

 

Japan’s Saizeriya restaurant ‘develops’ a face mask to wear when eating.

日本のサイゼリヤレストランが食べるときにつけるフェイスマスクを「開発する」。

から今週のフレーズをお届けします。

 

さて、この記事のなかで

a boon to A

Aへの恩恵

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

今週の英文

Japanese restaurant chain operator Saizeriya Co. has “developed” a face mask for use when eating and drinking, possibly a boon to eateries around the world hit hard by social distancing necessitated by the coronavirus.

日本のレストランチェーン運営者のサイゼリヤ社は、食べたり飲んだりするときの使用のためのフェイスマスクを“開発”した、コロナウイルスによって必要になったソーシャルディスタンスをとることによって強く打撃を受けた世界中の飲食店の恩恵になるかもしれない。

social distancing / ソーシャルディスタンスをとること

social distance / ソーシャルディスタンス←距離のこと

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

今週の例文

Clear face masks are a boon to people with hearing difficulties.

透明なフェイスマスクは聴覚障害のある人々への恩恵である。

透明なフェイスマスクだと相手の口の動きが見えるので言葉を理解しやすくなりますからね。

 

今週のフレーズ

a boon to A

Aへの恩恵

 

出典:The Japan Times  Aug. 8, 2020 KYODO

Japan’s Saizeriya restaurant ‘develops’ a face mask to wear when eating.


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。