無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(10月14日)

【今週のフレーズ】獺祭の世界進出




A bottle of Dassai sake is arranged for a photograph at the Dassai Sake Brewery in Iwakuni, Yamaguchi Prefecture, in January 2014. | BLOOMBERG

高級日本酒、獺祭の酒蔵である旭酒造が、ニューヨークに醸造所を建設する予定です。

日本酒、あるいは日本文化の世界進出の一環としてとても注目される取り組みです。成功すると良いですね。

そんな今週の記事

The maker of premium sake Dassai is to build a brewery in New York, its first outside Japan.

高級酒獺祭のメーカーがニューヨークに醸造所を建てる予定だ、日本の外で初めての。

*Be動詞+不定詞=予定

から「今週のフレーズ」をお届けします。

 

さて、この記事のなかで

bring A to the attention of B

ABの注目に導く

という表現がでてきます。

 

実際に新聞のセンテンスでどんな感じで使われているのか見てみましょう。

【今週の英文】

 “We want to explore the possibilities of sake with American cuisine and all kinds of different foods” so as to “bring the best possible sake to the attention of the world in a way it hasn’t been up until now,” he said.

「私たちはそれ(酒)が今に至るまでそうされてこなかった方法で、最良の可能な酒世界の注目に導くためにアメリカ料理そして異なった食べ物のすべての種類との酒の可能性を探究したい」と、彼は語った。

*the best possible sake「最良の可能な酒」:「可能な限り最良な酒」
*up until now「今に至るまで」

 

それでは今週の表現を使って、例文を作ってみましょう。

【今週の例文】

Recent lawsuits and scandals brought the issue of harassment to the attention of the world.

最近の訴訟とスキャンダルはハラスメントの問題世界の注目に導いた

*#MeTooのことですね!

 

【今週のフレーズ】

bring A to the attention of B

ABの注目に導く

 

 

出典:The Japan Times May 2, 2018  KYODO

The maker of premium sake Dassai is to build a brewery in New York, its first outside Japan.

 


ジャパンタイムズは試読ができます

英語学習者のための週刊紙The Japan Times Alpha。
世界の視点で書かれた英文ニュースを読むことで、今話題になっているトピックスに関するボキャブラリーや表現力、発信力が身につきます。


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。