無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(10月20日)

【和製英語にご注意】Let’sの使用法




 

レッツゴー!でご存知のレッツ:let’sは、「〜しよう」と何かを誘うときに使われますよね。

日本でも小学生が口にするくらい定着しているフレーズです。

でも、これ和製英語かというくらい誤用があるのをご存知ですか?

I got a flu shot.

(インフルエンザの予防接種をうけてきたよ)

Really? Should I get a flu shot too?

(本当?私も受けたほうがいいかな)

Of course. Let’s get a flu shot this year!

(もちろん。今年は受けよう!)

・・・・

この会話で典型的なLet’sの誤用がされています

でも、これの何が悪いかおわかりですか?

let’sの原型

let’sは、let usの短縮形です。実はこれを知らない人が結構います。

すなわちlet’s ~は、(私たちは)~しようなのです。

したがって、その動作の主体に I(私)が含まれない場合はlet’sを使うことができないのです。

先の会話で

今年は予防接種を受けよう!

Let’s get a flu shot this year!としてしまうと、

さっき予防接種を受けてきた人間が「今年は一緒に予防接種を受けに行こうよ!」と人を誘っている意味になってしまうので変な感じになります。

正しくは、

⭕ You should get a flu shot this year!

今年は受けたほうがいいよ!

とします。

案内板が大好きな誤用

さすがに最近は減ってきたようですが、日本にある案内板が大好きだったlet’sの誤用を紹介します。

エスカレーターでは手すりにつかまりましょう。

🔺 Let’s hold onto the handrail when you are on the escalator.

一見それっぽい英文なのですが、こうしてしまうと「使う側も、注意書きを書いた側も一緒に気をつけましょう」というニュアンスになってしまうので変な感じになります。

案内板、告知などで啓蒙されている~しよう・~しましょうは、英語では命令文を用います。

⭕ Please hold onto the handrail when you are on the escalator.

エスカレーターでは手すりにつかまりましょう。

 

申し出の際の誤用

また、何かを申し出る際も要注意です。

水を一杯持ってきましょう。と言おうとして、

Let’s get a glass of water.とやってしまうと変な感じになります。

もうおわかりですよね。これだと「一緒に一杯の水を取りに行きましょう」という意味になるからです。

正しくは

⭕ I’ll get you a glass of water.

水を一杯持ってきましょう。

と表現します。

 

英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。