【たぶん意味が変わる】maybeとprobablyの使い分け




日本語の会話でも「多分」「おそらく」は多用するフレーズです。しかしこれに相当するmaybeprobablyは、そこに含まれる発生確率とその用法に大きな違いがあります。

これらを間違えて使用すると、大きな誤解を生む場合があるのでしっかりと使い分けを学ぶ必要があります。

ニュアンスの差

maybe

たとえば太郎さんと花子さんの会話で

太郎

Will Mary come to the party?

メアリーはそのパーティーに来るかな?

花子

Maybe.

たぶん。

この場合メアリーはそのパーティーに来ない確率が高くなります。

maybeは「もしかしたら」という意味合いが強いのです。

probably

それに対して

太郎

Will Mary come to the party?

メアリーはそのパーティーに来るかな?

花子

Probably.

たぶん。

この場合メアリーはそのパーティーに来る確率が高くなります。

probablyは「きっと」という意味合いが強いのです。

文中の配置

またその文中における語順にも違いがあります。

上述の花子さんの返答を少し丁寧にすると

花子

Maybe she will come.

※maybeは原則的に文頭に配置

花子

She will probably come.

※probablyは原則的に一般動詞の前、Be動詞の後に配置

というように配置される場所が変わってきます。

一覧表

ここに主な可能性を表す副詞の可能性と配置を一覧化してみます。

副詞配置箇所(原則)確率
definitely一般動詞の前/Be動詞の後100%
probably一般動詞の前/Be動詞の後60~80%
maybe / perhaps文頭20~60%
possibly一般動詞の前/Be動詞の後10~40%
definitely not一般動詞の前/Be動詞の後0%

この一覧表で使い分けがより正確になります。覚えて活用下さい。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。