【オフィス英会話】使役動詞haveを使いこなす




使役動詞という言葉は英語を学んでいるとしばしば耳にしますが、使役とはどういう意味でしょう?

使役とは「誰かに仕事をさせる」という意味で、会社で上司が部下に業務を命令する場面などに使用されます。

今回はオフィスで使える例文を中心に、使役動詞の中でも使用頻度の高いhaveを学びます。

前提

have本来の意味「持つ」であることを前提にし、直訳をイメージしながら使役動詞の用法を学びます。

使役動詞haveの用法(オフィス編)

例文1

(基本)

・私はトムにその仕事をさせた。

I had Tom do the job.

*Tom = do the job「Tom = その仕事をする」という関係が成立する

*このパターンのdoは原型不定詞(toのない不定詞)

本来の意味→「私はトムがその仕事をする状態を持った」

(応用)

・その仕事をトムにさせてください。

Please have Tom do the job.

本来の意味→「トムがその仕事をする状態を持ってください」

 

・その仕事をトムにさせてほしい。

I want to have Tom do the job.

本来の意味→「私はトムがその仕事をする状態を持ちたい」

例文2

(基本)

・その仕事をトムにさせた。

I had the job done by Tom.

*the job = done「その仕事 = 成される」という関係が成立する

本来の意味→「私はその仕事がトムによって成される状態を持った」

(応用)

・その仕事を明日までに終わらせてください。

Please have the job done by tomorrow.

本来の意味→「その仕事が明日までに成される状態を持ってください」

 

・その仕事を明日までに終わらせてほしい。

I want to have the job done by tomorrow.

本来の意味→「私はその仕事が明日までに成される状態を持ちたい」

 

使役動詞haveの用法(プライベート編)

最後に日常生活でも使える表現もいくつか学んでみましょう。

・私はメリーに写真を撮ってもらった。

I had Mary take my pictures.

本来の意味→「私はメリーが私の写真を撮る状態をもった」

 

・私はジョンに髪を切ってもらった。

I had John cut my hair.

本来の意味→「私はジョンが私の髪を切る状態をもった」

 

・私は自転車を盗まれた。

I had my bicycle stolen.

本来の意味→「私は私の自転車が盗まれる状態を持った」

 

・私は髪を切ってもらった。

I had my hair cut.

*このcutは過去分詞(切られる)

本来の意味→「私は私の髪が切られる状態を持った」

 

誰かに会って、「あっ、髪を切ったね」

Oh, you had your hair cut.

本来の意味→「あなたはあなたの髪が切られる状態を持ったね」です。

自分で自分の髪を切らない限り

Oh, you cut your hair.

にならないことに注意してください。

 

どうでしょう。イメージできましたか?

使役動詞を苦手とする人が多いのですが、この機会に練習してみて下さい。

 

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。