無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(5月27日)

【成句を学ぶ】liveのセットフレーズ10選




今回はliveと合わせて頻用されるセットフレーズ(成句)を学びます。紹介するセットフレーズの中には句動詞も多く含まれます。

ちなみに句動詞とは動詞と前置詞、副詞、またはその両方からなるセットフレーズですが、個々の単語の持つ意味から飛躍した意味を形成してしまうため、日本人にとって鬼門となっています。

ただ、ネイティブは日常会話で句動詞をガンガン使用してくるため、しっかり英会話ができるようになりたいという人は、学習が必要不可欠です。

丸暗記するのではなく、組み合わされる前置詞と副詞をイメージで掴み、そのイメージからどう意味が連想されるのか、コツを掴みましょう。

liveのセットフレーズ10選

live

まずはlive(生きる)のオリジナル用法について見てみます。第1文型で自動詞として使われる場合です。

Women live longer than men on average in Japan.

女性は日本では平均的に男性よりも長く生きる。

live in

前置詞のinは「~の中に」というイメージなので、live in Aで、A(の中)に住む・A(の中)に生きるという意味になります。

I live in Tokyo.

私は東京に住んでいる。

He is living in the past.

彼は過去に生きている。

(過去の栄光を引きずっている)

liveは「生きている」という状態動詞なので、通常、進行形にはならないのですが、この例文のように「今この瞬間」というイメージを出すときは進行形になります。

live under

前置詞のunderは「~の下で」というイメージなので、live under Aで、Aの下で生きるという意味になります。

Hanako and her parents live under the same roof.

花子と両親は同じ屋根の下に住んでいる。

Aにネガティブなものが入ると抑圧されているイメージになります。

They live under a dictatorship.

彼らは独裁政権下で生きている。

live for A

前置詞 forは「~のため」にというイメージを持ちます。そこから live for Aで、Aのために生きる→生きがい、という意味になります。

He lives for his work.

彼は仕事のために生きている。

(仕事が生きがい)

I live for my family.

私は家族のために生きている。

(家族が生き甲斐)

live by

前置詞のbyは「~によって」というイメージなので、 live by Aで、Aで生活するという意味になります。

byの後ろには動名詞がくることに注意して下さい。

He lives by selling books on the street.

彼は通りで本を売ることで生活している。

live on A

live on とlive offは同じ意味だと説明されることもありますが、含まれるニュアンスは若干変わってきます。

副詞 onのイメージは「接触・手段」。

そこからlive on Aで、Aという手段で生きる→特定の金額、食物で暮らしを立てる、特定の収入元から収入を得るという意味に派生します。

He lives on ¥10,000 a month.

彼は月10,000円で暮らしている。

He practically lives on fruit.

彼は実質フルーツで生きている。

 

live off A

副詞のoffが持つイメージは「離す」。

live off Aで、Aから(財産や食物を)離して生きる→Aからもらって生きる・Aを収穫して生きる、という意味が派生します。live offの場合は、何かから与えてもらうことが前提になります。

I lost my job and I had to live off welfare.

私は仕事を失い、生活保護で生活をすることになった。

live off of A

先程のlive offにofがつくとどうなるのでしょう。

このofは前置詞です。前置詞のofは色々なイメージがあるのですが、ここでは「取り出す」がイメージされます。

よって live off of の組み合わせで、Aから(財産や食物を)分離させて取り出して生きる→能動的に依存する、という意味になります。

He lives off of his parents.

彼は親に依存して生きている。

(彼は親に寄生して生きている)

live through

副詞 throughは「通り抜ける」を意味します。live throughで、通り抜けて生きる→難しい状況や危険な状況を生き抜く、という意味に発展します。

My grandma lived through the Second World War.

私の祖母は第二次世界大戦を生き抜いた。

live out A

副詞のoutには「出現」というイメージが含まれます。よってlive out Aで、Aを出現させて生きる→実現させるという意味になります。

They will live out their dream.

彼らは夢を叶えるだろう。

live up to A

副詞と前置詞の組み合わせup toは「〜次第」という意味になり、live up to AでAの思いの次第に生きる→期待に答える・主義に従って生きるという意味を持つようになりました。

The firm has lived up to my expectation.

その会社は私の期待に答えてくれています。

 


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。