無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(11月17日)

【英名詞感覚】一つだけど複数形な名詞たち




英語の名詞の中には数えられたり、数えられなかったりするモノがあります。また単数なのに複数形を取るモノもあります。

こうした感覚は、日本語を使う私達にとって馴染みが薄く、混乱を引き起こす原因となります。

今回はこの中から、一つだけど複数形をとる名詞たちを学びます。

対で機能する名詞

単数でも常に複数形になる名詞をいくつか紹介します。

・shoes(靴)・socks(靴下)・trousers(ズボン)・jeans(ジーンズ)・pajamas(パジャマ)・gloves(手袋)・glasses(メガネ)・scissors(ハサミ)・chopsticks(箸)

これらは対(2つ)で機能するようになっているものばかりなのに気づきましたか?

例文を一つ作ってみましょう。

These jeans are very comfortable.

このジーンズはとても履き心地が良い。

一着のジーンズですが複数形扱いなので、

ThisではなくThese 

isではなくare

が使われていることに注目です。

数え方

対で機能する名詞を数えるときは基本的にa pair of(一対の)を用います。これも例文でみていきましょう。

I bought a pair of glasses yesterday.

私は昨日メガネを1つ買った。

Mary has more than ten pairs of gloves.

メアリーは10双以上の手袋を持っている。

A pair of shoes was stolen from my locker.

一足の靴が私のロッカーから盗まれた。

a pair ofは単数扱いなので動詞がwasであることに注意

片方が欠けたら

「手袋の片方をなくした」など、対が崩れた場合は単数形で片割れを表します。

Hanako lost a glove on the way to her office.

花子はオフィスに向かう途中に片方の手袋をなくした。

 

 


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。