【前置詞を極める】場所を表現する時の“at”と“in”の使い分け




 

 

場所を示す時に前置詞“at”か“in”の使い分けで迷ったことはありませんか?

今回は迷った時にイメージで瞬時に判断できる方法をお伝えします。

 

【大前提】

at”は「点」を表す

in”は「空間」を表す

 

I saw Mary at the cafe.

「私はそのカフェでメアリーに会った」

“the cafe”を「点」として捉えています。

 

I saw Mary in the cafe.

「私はそのカフェでメアリーに会った」

“the cafe”を「空間」として捉えています。

in”を使った場合は「そのカフェの中」であることを強調するときです。

 

どちらの英文も成立しますが、“the cafe”のイメージがまったく異なるのがわかりますね。

 

【名詞自体の特性】

I saw Mary at the shop.

「私はその店でメアリーに会った」

 

「建造物」などは「点」を表す“at”が使われることが多い

 

I saw Mary in Tokyo.

「私は東京でメアリーに会った」

地域などは「空間」を表す“in”が使われることが多い

 

【状況的判断】

「単なる場所」なのか「イベントが行われる場所」なのか

I saw Mary at the bar.

「私はそのバーでメアリーに会った」

“the bar”は「単なる場所」なので「点」を表す“at”が自然です。

 

We played billiards in the bar.

「私たちはそのバーでビリヤードをした」

“the bar”は「イベントが行われる場所」なので「空間」を表す“in”が自然です。

 

 

以上の3点を頭に描いて“at”と“in”を使い分けてください。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。