無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(9月15日)

【explainに前置詞いる?】自動詞と他動詞と前置詞




 

英語を話しているときに「この動詞は前置詞がいるんだっけ?いらないんだっけ?」と分からなくなることはありませんか?

今回はそんな中から、日本人間違い率No.1のexplainについて学びます。

それではクイズです。

「彼は私にその計画について説明してくれた」を表現するのに、

A. He explained about the plan to me.

B. He explained the plan to me.

正解はどちらでしょう!?

①前置詞不要の他動詞

動詞を分類すると、

①動詞の直後に前置詞は不要(他動詞) 

②動詞の直後に前置詞が必要(自動詞)

に分けられます。

そしてexplainは①の他動詞にあたります。

ここで他動詞について思い出していただきます。

他動詞(たどうし、transitive verb)とは、典型的には、そのの中で目的語をとり、主語から目的語に向かう(あるいは及ぶ)動作を表す動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

すなわち、他動詞を使うときはS(主語) + V(述語) + O(目的語)という型がとられます。

そう、V(他動詞)にはO(目的語)が必要になるので、その間にaboutのようなつなぎ言葉は不要なのです。

⭕  He explained the plan to me.

❌  He explained about the plan to me.

ところが日本語では「~について説明する」というので、多くの人が条件反射的にexplain about 〜と言ってしまうのです。

目的語にできるもの

O(目的語)にとれるのは単語だけではなく、もとられます。        

例文をみていきましょう。

that節

彼女は彼女がそのミーティングに参加できないと説明した。

She explained that she couldn’t attend the meeting.

疑問詞の名詞節

彼女は彼女がなぜそのミーティングに参加できないのかを説明した。

She explained why she couldn’t attend the meeting.

疑問詞+不定詞の名詞句

そのソフトの使い方を教えてください。

Please explain how to use the software.

紛らわしい他動詞

explain以外にも、ついつい「〜ついて」をつけてしまう、紛らわしい他動詞を紹介します。

discuss

私たちはその問題について討議した。

We discussed the matter.

consider

He considered his options.

彼は彼の選択肢についてじっくり考えた。

②前置詞が必要な自動詞

前置詞が必要な動詞についても少しお話します。自動詞のことですね。

それではおさらいから入りましょう。

自動詞(じどうし、英: intransitive verb)とは、目的語を取らない動詞のことである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

簡単すぎる説明ですね。すなわち、動作が他に及ばず、主語自身の動きを表すのが自動詞です。

自動詞を使うときはS(主語) + V(述語) という型がとられます。

そして動作を他に及ぼしたい時や情報を追加したい場合は、V(自動詞)の後ろに適当な前置詞を配置します。

The customer complained to us about it.

その顧客はそれについて私たちに文句を言った。

 I definitely agree with you.

私はあなたに完全に同意します。

もちろん例外も色々ありますが、今回は動詞と前置詞の基礎だけ把握しておいて下さい。


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。