無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(4月13日)

【成句を学ぶ】answerのセットフレーズ5選




今回はanswerと、頻用されるセットフレーズ(成句)を学びます。紹介するセットフレーズの中には句動詞もいくつか含まれます。

ちなみに句動詞とは動詞と前置詞、副詞、またはその両方からなる成句ですが、個々の単語の持つ意味から飛躍した意味を形成してしまうため、日本人にとって鬼門となっています。

一つ一つ、丸暗記するのではなく、組み合わされる前置詞と副詞をイメージで掴み、そのイメージからどう意味が連想されるのか、コツを掴んでいきましょう。

基本形

まずは基本形のおさらいから入ります。answerは自動詞、他動詞の両方使えます。

answer

自動詞用法のanswerです。第1文型で使用されます。

He didn’t answer.

彼は答えなかった。

answer A

answerは他動詞としても使えます。目的語が伴う第3文型に入ります。

She answered the question.

彼女はその質問に答えた。

answerのセットフレーズ5選

answer to A

前置詞のtoは「~に向かって」というイメージを持ちます。よって、answer to Aは、Aに向かって答える・応じる→Aに(責任を持って)答える、という意味が生じます。

We have to answer to the client.

私たちはその顧客に対する説明責任を持たなければならない。

また、Aに向かって(責任を持って)応じる→Aの元で働くと、いう意味も派生します。

I answer to the CEO.

私はCEOの元で働いている。

answer for A

前置詞 forのイメージの一つに「交換・対価」があります。よって、answer for Aで、Aの対価に答える→Aの報いを受ける、という意味に発展します。

You have to answer for what you did.

あなたはやったことの報いを受けなければならない。

answer with A

前置詞 withのイメージの一つに「道具」があります。

よって、answer with Aは、A(という道具)で答える、という意味になります。

Taro answered with a nod.

太郎はうなずきで答えた。

Aには名詞が入る

answer by A

前置詞 byは「〜によって」という意味を持つのが有名ですね。そのまま、answer by Aは、Aによって答える、という意味になります。

Hanako answered by nodding.

花子はうなずきによって答えた。

Aには動名詞が入る

answer back

これは単純に答えを返すという意味ではありません。

副詞 backのイメージは「後ろ・戻す」ですので、後ろに答えをする失礼な態度で返事するとなります。特に上司など従うべき相手に失礼な返事(口答え)した際に使われます。

You answered our boss back yesterday, didn’t you?

昨日ボスに口答えをしたんですって?


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。