無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(10月14日)

「以外」を表現する – exceptとbesidesの使い分け




日本語の「以外」には2つの意味があります。

・「〜を除く他の物事」

・「〜の範囲の外側」

 

そして、それぞれに対応する英語があります。

「〜を除く他の物事」“except”(除外)

 

「〜の範囲の外側」を加える “besides”(追加)

 

それぞれどのように使われるのか例文を用いて見ていきます。

除外 – except

The store is open except at the end and beginning of the year.

「その店は年末年始以外は開いている」

I can eat all fruits except oranges.

「私はオレンジ以外はすべての果物を食べることができます」

I work every day except Sunday.

「私は日曜日以外は毎日働いています」

 

追加 – besides

(リンゴが好物だと知っている人に対して)

What fruits do you like besides apples?

「あなたはリンゴ以外にどのフルーツが好きですか?」

Besides English, she speaks Chinese and Spanish.

「英語以外に彼女は中国語とスペイン語を話します」

Besides the marathon, he is the Japanese champion of the 1,500 m and 10,000 m races.

「マラソン以外に、彼は1,500 mと10,000 m競争の日本チャンピオンです」

 

例えばヨーロッパ旅行してきた友人との会話で

友人「イギリスはとても良かったよ」

あなた「イギリス以外にどの国に行ったの?」

と聞きたい場合は

Which countries did you visit besides England?

となります。

 

この“besides”は慣れないとすんなり出てこないので、練習してみてください。

by 各務 乙彦


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。