【”~したら”を表現する】ifとwhenの使い分け




簡単なようで案外間違えられるのが「~したら」という日本語訳になる ifwhenの使い分けです。

早速クイズを使いながら違いを説明していきます。

あなたが東京に来たら、私に電話をください。

を英文にすると

① Please give me a call when you come to Tokyo.

② Please give me a call if you come to Tokyo.

緑の文字は副詞節

どちらがふさわしいと思いますか?

 

答え

答えは状況によるです。

①の英文、when を使う場合は「あなた」は東京に来ることが既に決まっている場合です。

この来たら着いた時に というニュアンスです。

対して②のifを使った英文は、「あなた」が東京に来るかどうか分からない状況の時に使います。

この来たら来ることがあったら というニュアンスです。

このようwhenifで含まれるにニュアンスが変わるので使い分けに気を付けて下さい。

 

ちなみに、あなたが東京に来るは未来のことですが現在形が使われています。

これは副詞節の中の未来時制は現在形で表すという英語の決まりなので覚えておきましょう。

I will meet Mr. Smith when I go to London next week.

私は来週ロンドンに行くときにスミスさんに会います。

緑の文字は副詞節

副詞節の中の未来時制は現在形で表します。

❌ when I will go to London としないように注意しましょう。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。