【”春が来た”から学ぶ】過去形と現在完了形の使い分け




 

「春が来た」はSpring has come.と教えられました。

でもよく考えると日本語で『来た』は「過去形」なのに、なぜ英語では「現在完了形」になるのでしょうか?

Spring came.ではダメなのでしょうか?

 

答えです。

・日本語の「~した」は「過去」「現在完了」の両方が含まれる

・現在から離れた過去の一点の時制ならば「過去」

・現在までのどこかの時制ならば「現在完了」

 

私たちが「春が来た」と言うときは、ほとんどの場合、現在までのどこかで「春が来た」なので英語では

Spring has come.

となります。

 

でももし、「2日前に(春一番が吹いて)春が来た」と言うときは現在から離れた「過去」の一点になるので英語では

Spring came two days ago.

となります。

 

最後に日本語の「~した」が「過去」なのか「現在完了」なのかを見極める一つの方法をお教えします。

 

文章に「もう」「まだ」を補ってみて下さい。

しっくりきたらそれは「現在完了」です。

しっくりくる

A:夕食食べた?→(もう)夕食食べた?:Have you had supper (yet)?

B:食べたよ。→(もう)食べたよ。:Yes, I (already) have.

しっくりこない

A:いつ食べたの?:When did you have it?

B:2時間前に食べたよ:I had it two hours ago.

 

日本語の「~した」は英語の現在完了形が含まれていることを意識していきましょう。

by 各務 乙彦

 

この記事が気に入ったらクリックをお願いいたします!


英会話ランキング

1クリックで筆者のやる気がみなぎります!

 


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。