無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(5月27日)

【関係詞をマスター】関係副詞を使いこなす(その1)




747d4e97

ここまで関係代名詞は(who, whom, which, that etc)は「もとの文」の名詞を本体にして「名詞のかたまり」を作るということをお話ししました。

ところで関係副詞とは何でしょう?

関係副詞は「もとの文」の副詞句を本体にして「名詞のかたまり」を作ります。

4つの関係副詞

when「時」を表す関係副詞

where「場所」を表す関係副詞

why「原因・理由」を表す関係副詞

how「方法・手段」を表す関係副詞

4つだけ覚えてしまいましょう。

 

それではここで問題を解いてみましょう。

次の「名詞のかたまり」には、どんな関係代名詞が入るでしょうか?

まずは関係代名詞で考えて下さい。

名詞のかたまり

the park (     ) I played basketball in

私がバスケットボールをした公園。

そうしたよね。わからないときはここから「もとの文」を作ります。

I played basketball in the park.

私はその公園でバスケットボールをした。

これでthe park

・「もの」である

「目的格」である(前置詞の後ろは「目的格」)

ことがわかるので、関係代名詞はwhichを使用します。

名詞のかたまり

the park which I played basketball in

私がバスケットボールをした公園

そしてこの「名詞のかたまり」は5つのバリエーションができます。

① the park “which” I played basketball in

「もとの文」にもっとも近い形

② the park that I played basketball in

whichの代わりにthatを使用した形

③ the park()I played basketball in

目的格の関係代名詞を省略した形

④ the park in which I played basketball

前置詞“in”を関係代名詞の前に置いた形

⑤ the park where I played basketball

関係副詞“where”を使用した形

①、②、③、④はthe park(名詞)が飾り付けの対象(本体)になるので、inは名詞のかたまりの中に残ります。

とこで⑤はinがありませんよね。

関係副詞はin the park(副詞句)が飾り付けの対象(本体)になり、inは関係副詞whereに吸収されるので「名詞のかたまり」の中に残らないのです。

 

そして「名詞のかたまり」ということは「名詞」そのものですから「名詞」が入ることができる、S(主語)O(目的語)C(補語)のどこにでもその「かたまり」ごと入ります。

上記の⑤の「名詞のかたまり」で例文を作成してみます。

名詞のかたまりをS(主語)に入れる

“The park where I played basketball” is Yoyogi Park.

「私がバスケットボールをした公園」は代々木公園です。

名詞のかたまりをO(目的語)に入れる

Do you know “the park where I played basketball”?

あなたは「私がバスケットボールをした公園」を知っていますか?

名詞のかたまりをC(補語)に入れる

Yoyogi Park is “the park where I played basketball”.

代々木公園は「私がバスケットバールをした公園です」

これで関係副詞もマスターできましたね。

次回は関係副詞のバリエーションをご紹介します。


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。