【関係詞をマスター】WhichとWhereの使い分け(その1)




 

「東京は私が生まれた都市です」

これを英語するときは次のどちらが正解でしょうか?

A. Tokyo is the city where  I was born.

B. Tokyo is the city which I was born.

 

 

 

 

 

 

正解はAです。

 

その理由を解説します。

まず、名詞を修飾する時のwherewhichの違いについて復習です。

wherewhich先行詞で修飾する時に使う単語(関係詞)ですが、果たす役割が違います。

where関係副詞

先行詞が「場所」の副詞になっている時に使う

which関係代名詞

先行詞が「目的格」の名詞になっている時に使う

ちなみに先行詞とは関係詞によって修飾される対象となる単語でしたよね。

 

ただ、日本人でどちらを使うかをパッと判断できる人は多くありません。

どちらを使えばいいのかモヤモヤするときは「もとの文」というものを作ってみます。

「もとの文」とは「形容詞節」の中にそれが修飾している「先行詞」を戻してできる文のことです。

 

「もとの文」の作り方

この文では「形容詞節」がwh~  I was born、「先行詞」がthe cityです

先行詞”the city”を形容詞節”wh~ I was born.”にもどします

この文の中で”the city”は副詞として機能することがわかるので、適切な前置詞 in を追加する

もとの文

I was born in the city.

「私はその都市で生まれた」

先行詞が場所の副詞になっているので関係副詞whereを使うのがわかります。

正解

Tokyo is the city where I was born.

「東京は私が生まれた都市です」

 

 

もう一つやりましょう。

「東京は私が昨年訪れた都市です」

を英語にして下さい。

A. Tokyo is the city where I visited last year.

B. Tokyo is the city which I visited last year.

 

 

 

わかりましたか?

今度はBが正解になります。

先程と同様に「もとの文」を作って理由を探ってみます。

「もとの文」の作り方

この文では「形容詞節」がwh〜 I visited last year、「先行詞」がthe cityです

先行詞”the city”を形容詞節”wh〜 I visited last year”にもどします

このケースですとthe cityは目的語としてしか機能しませんね

 

もとの文

I visited the city last year.

私は昨年その都市を訪れた

ここでthe cityは「その都市」という名詞で目的語です。

「目的格」の名詞が先行詞になる場合は関係代名詞 whichを使うのが正解です。

正解

Tokyo is the city which I visited last year.

 

やり方さえわかれば簡単ですよね。

その2では更に掘り下げてwhichとwhereの使い分けを解説しています。

【関係詞をマスター】WhichとWhereの使わけ(その2)

2017.08.10

ご一読下さい。

by 各務 乙彦


なぜ日本人は英語が苦手かご存知ですか?

それは「英語を獲得するスキル」を持っていないから。
「英語を獲得するスキル」とは何なのか?どうすれば手に入るのか?
ここにあなたの壁を破るヒントがあります。

1 個のコメント