無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(8月8日)

【Google? facebook?】ネット生まれの動詞の使い方




テクノロジーの発展で、様々なネットインフラやSNS(Social Networking Service)が生まれてきました。

そしてそこから、日本語、英語ともネットにまつわる新語が派生してきています。

今回はそんな新語と用例を紹介するとともに、普段使っているSNSの世界シェアの状況も併せて紹介していきます。

email

もともと名詞だったemailが動詞として使われるようになりました。ネット新語の中では一番の古株で世界中で通じます。

あとでメールします。

I’ll email you later.

Google

1998年に発足した検索エンジンの会社ですが、オンライン広告、クラウドコンピューティングなどを次々の制覇したインターネットの覇者。インターネット検索を意味する「ググる」という新語は日本でも浸透していますね。

私はそのレストランの場所がわかりません。ググってもらえますか?

I don’t know where the restaurant is. Can you google it now?

これは社名の「Google」が動詞として使われるようになったパターンです。一文字目が大文字にして使われることが多かったのですが、近年では一般動詞化が進んだのか、小文字(google)での使用が多くなってきました。

Skype

2003年に登場以来、無料で使えるビデオ通話ツールとして圧倒的なシェアを誇っていたのSkypeです。

明日の午後3時にスカイプしていいですか?

Can I Skype you at 3:00 pm tomorrow?

Skypeも動詞として使われます。頭文字を大文字するのがオフィシャル表記なので、動詞でも「Skype」とするのが一般的です。

そして今年になってユーザー数を急増させたこのサービス名も早速動詞化しているそうです。

明日の11時にズームできますか?

Can we Zoom tomorrow at 11:00 am?

LINE

日本ではダントツでユーザー数の高いSNSですが、世界展開には失敗しており、世界のSNSユーザー数は20位に甘んじています。LINEといってわかるのは日本、インドネシア、台湾、タイくらいで、欧米ではその存在すら知られていないことがあります。

あとでラインします。

I’ll LINE you later.

LINEを動詞として使います。LINEは大文字のロゴなので、そのまま大文字で使用するのが一般的です。

Facebook

それでは世界で一番通じるSNSは何でしょう?

世界シェアNo1は「What’s up」というSNSアプリですが、日本での使用者はごく少数です。

なので、海外にもお友達が多い方はfacebookやtwitterなどの巨大プラットフォームを通じてメッセージをやり取りするのが最適でしょう。

あとでフェイスブックでメッセージ送ります。

I’ll PM(DM) you on Facebook later.

PMはprivate messageの略。DM(direct message)でも可

あとでツイッターでメッセージ送ります。

I’ll DM you on Twitter later.

DMはdirect messageの略

英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。