【動詞だけど動作ではない?】状態を表す動詞を学ぶ




 

動詞には、動作を表す「動作動詞」と、状態を表す「状態動詞」があります。

「動詞」というくらいですから、動詞の基本は「動作動詞」です。

「状態動詞」は数が限られていますから、動詞で覚えてしまいましょう。

 

「状態動詞」を見分けるポイントは、現在形を訳したときに「~している」と訳すことです。

例えば

⭕  I know him.

「私は彼を知っている」

この「~している」は「進行」を表しているのではなく「状態」を表しています。

「状態動詞」は「動作」ではないので基本的に「今~している」という「進行形」にすることはできないのです。

したがって

❌ I’m knowing him.

という英語はあり得ないのです。

 

以下に代表的な「状態動詞」を挙げますので覚えてしまってください。

know「知っている」

live「住んでいる」

like「好んでいる」

love「愛している」

have「持っている」

 

liveは進行形になることがありますが、それは「今一時的に」という特別な意味を持ちます。

I’m living in Tokyo.

「私は(今一時的に)東京に住んでいる」

出張などで一時的に東京に滞在している感じです。

 

ずっと東京に住んでいる場合は、もちろん

I live in Tokyo.

です。

by 各務 乙彦

この記事が気に入ったらクリックをお願いいたします!


英会話ランキング

1クリックで筆者のやる気がみなぎります!

 


なぜ日本人は英語が苦手かご存知ですか?

それは「英語を獲得するスキル」を持っていないから。
「英語を獲得するスキル」とは何なのか?どうすれば手に入るのか?
ここにあなたの壁を破るヒントがあります。