現在、無料体験レッスンはオンライン受講のみ受け付けております

【イメージの違いを学ぶ】studyとlearnの使い分け




studylearn。この2つの動詞は同じ学ぶという訳になりますが、異なるニュアンスを持っています。

どんなに勉強しても身につかないこともあれば、逆にまったく勉強しなくても身につくこともありますよね。

英語ではこれらの使い分けをはっきり行います。

studyとlearnの使い分け

それぞれの単語がもつイメージから学びます。

studyは「勉強する」という行為に重点が置かれます。

それに対しlearnは経験や勉強から「何かを身につけた」という状態に重点が置かれます。

この違いをいくつかの例文でご紹介します。

同義的用法

まずは、ほぼ同一のイメージで使われる場合です。

私は毎日曜日にそのスクールで英語を学んでいる。

⭕ I learn English at the school every Sunday.(身につけた)

⭕ I study English at the school every Sunday.(勉強した)

この2文はほぼ同じ意味ですが、勉強した結果、身についているのか、いないのかでは大きな違いがありますよね。

対比的用法

次にstudylearnの対比が明確に表せている例文です。

I studied English for 6 years during my school days, but I didn’t learn it at all.

私は学生時代に6年間英語を学んだ、しかしそれをまったく身に付けられなかった

身に覚えはありませんか?

限定的用法

以下の例文は、それぞれの単語の用法が限定される場合です。

私は昨日5時間英語を学んだ。

 I learned English for 5 hours yesterday.(身につけた)

I studied English for 5 hours yesterday.(勉強した)

私は昨年テニスの仕方を学んだ。

I learned how to play tennis last year.(身につけた)

I studied how to play tennis last year.(勉強した)

ただし、体育大学等でテニス理論を履修した場合は⭕

イメージの違いを把握できましたか?

できていれば、studylearnの使い分けを身につける(learn)ことができたわけです。

by 各務 乙彦


英語を0から組み立て直す

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。

コメントを残す