【高さもイメージで】tallとhighの使い分け




「高い」と聞いて思いつくのがtallhigh

中学でならうシンプルな単語ですが、この使い分けが間違われるれるポイントは大体決まっています。

今回も例文とイラストでそのイメージを整理して、使い分けを確実にしていきます。

tall(高い)

人や物が、その立っている地面や床から上に伸びている距離を表します。

したがってtallを使うときは地面や床が起点として意識の中に含まれます

通常は、細長く垂直に上に伸びている物体がイメージされます。

Mary is really tall.

メアリーは本当に背が高い。

例2

That tall tree is about 100 years old.

あの背の高い木は樹齢約100年です。

例3

What a tall building that is!

あれはなんて高いビルなんだ!

ビルは地面から伸びている高さに重きがあるので通常はtallを使うが、パッと見の印象でhighを使うこともできる。

high(高い)

主として空間的な高さのレベルを表します。

したがってhighを使うときは、その起点への意識は薄くなります。

The ceiling is very high.

その天井はとても高い。

例2

What a high mountain that is!

あれはなんて高い山なんだ!

山の高さの基準は地面ではなく海抜であり、かつ細長く垂直でもないのでtallは使えません

価値や程度を表すhigh

highは物理的な高低だけではなく、価値・程度・状況などにも用いられます。

I got a high score on the test.

私はそのテストで高いスコアを得た。

例2

We are proud of the high quality of this product.

私たちはこの製品の高い品質を誇りに思っています。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。