無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(9月15日)

【to〜? 〜ing?】不定詞と動名詞の使い分け(その1)




 

動詞を名詞として扱う際には、to+動詞の形にする不定詞の名詞的用法と、動詞-ing動名詞の形にする2つルールがあります。

試しに lock:ロックする[動詞]を名詞化してみましょう。

lock→<不定詞>→ to lock

lock→<動名詞>→ locking

「ロックする」→「ロックすること」

でも、2つとも同じ訳になるのに、2つルールがあるのはなぜでしょう?

同じ「ロックすること」なのに紛らわしいですよね。。

不定詞と動名詞のイメージ

それは不定詞と動名詞でイメージの捉え方がまったく変わるからです

不定詞のイメージは未来・意思

これから、何かしよう、何かになろうという意思を表す時に使われることが多い。

動名詞のイメージは過去・経験

実際に起こった事柄や経験に使われていることが多い。

実際に違いを比較してみましょう。

不定詞

I forgot to lock the door.

私はドアをロックすることを忘れた。

動名詞

I forgot locking the door.

私はドアをロックする(した)ことを忘れた。

不定詞の名詞的用法( to lock)は「ロックしよう」とした意思を忘れていたことを表し、

動名詞(locking)は「ロックした」という経験を忘れていたことを表します。

まったく違う意味ですよね。要注意です。

 

他の例文も見てみましょう。

不定詞

Please remember to mail the letter.

その手紙を投函することを覚えておいてください。

動名詞

Please remember mailing the letter.

その手紙を投函したことを覚えておいてください。

続く

【to〜? 〜ing?】不定詞と動名詞の使い分け2(発展編)

 

英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。

コメントを残す